新しいデイサービスを検討

在宅療養を始めてからずっと、主人は月~金週5日、デイサービスに通っています。

最初は介護保険の適用ではなかったので、
障害者の自立支援法に基づき、地元の社会福祉センターにある障害者向けのデイサービスに。
そして再発後、胃ろうを造設して今までのデイサービスには通えなくなった時に、
介護保険の認定を受けることができ、
今通っているA、Bさんの2ヶ所に通うようになりました。

その後、より重度の医療ケアが必要な方も受け入れてくれる『通所療養介護』という小規模デイサービスCさん
(通称『極楽の湯』)に通うようになりました。

他に、お正月などお風呂に入れない日が続く時に、
臨時でDさんという年中無休のデイサービスにも行くことがあります。

Aさん、Bさんはいわゆる普通のデイサービスで
けっこう元気で活動的なお年寄りが主な利用者さんです。
要介護1~2ぐらいの方が多いのかな~?
特にBさんには機械浴の設備がなく(手すりはついてますが)基本普通の浴室なので、
主人が熟睡してしまうと入浴ができません。
浴槽に入れなくても、せめてシャワーで身体をきれいにして欲しいんですが、
スタッフの方たちに、これ以上の負担はかけたくないですし。

Bさんには4年前からずっと通い続けていて仲の良い利用者さんも何人かいるようですし、
週1回だけの利用なら、最悪入浴できなくても何とか我慢はできる…。

どうしようかなぁ…。


そこへケアマネさんが定期訪問の折に
「こんなデイサービスが近くにできましたよ」
と、チラシを見せてくれました。

いま介護業界で流行(?)の機能訓練がウリのデイサービスで、
わりと男性の利用者さんが多いそうです。
多分主人が数々の運動器具を利用する事はないでしょうが、元気な方が多いのは悪くないですし
お風呂はリフト浴で、お昼寝用のベッドもあり、
看護師さんが常勤なので経管栄養や吸引など医療的ケアが必要な方でも大丈夫だそうです。
さらに系列のデイサービスが近隣に数カ所あり、うち一カ所で延長、お泊まりも受けてくれるのです。
ただ、食事は情報がないんですがケータリングみたいですね。
もともと閉店したコンビニの建物をリフォームしたそうですから、厨房の設備を作らなかったのでしょうか。
ケータリングといってもミキサー、刻み食も用意しているそうです。

至れり尽くせりといって良いですね。

場所は家から車で10分ほどですから、無理なく通える範囲でしょう。

とりあえず見学してみて…かなぁ…。



うーん。


なんか良いことばっかり書いてあると、かえって不信感が出てしまう困った鬼嫁。
だって、どんな環境にも欠点はあります。

『何でもやります』『断りません』と書いてあるけれど、
実は、経営側が利用者確保のために大見得切ってるだけで、
スタッフ側が対応しきれない場面もあるのではないだろうか。

疑い出すとキリがないのは分かってるんですが、
実力の伴わない『善意』ほど始末の悪いものはないと思うんです。



それに元気な人が多い施設は活気がある反面、
大きな音や、ノイズに過敏な人には辛いところかもしれません。


実はうちのすぐ近くの商店街に小規模デイサービスがあるんです。
できてすぐ一度見学に行ったんですが、お風呂が思い切り普通浴だったので諦めたんです。
最近、簡易リフトを設置したとチラシが貼ってあって、
あらじゃあここも候補に入れなくちゃ。
何といっても近いですし、小規模の施設は主人に合ってると思います。
食事も全て手作りでおいしそうなんです。

ケアマネさんに連絡を入れ、週末に両方見学してみることにしました。

どっちがいいのかなぁ…。
案外元のBさんが一番良かったりして(汗)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する