小さく生きる

今日は良いお天気で、午前中のPTリハビリの後、近所をお散歩してきました。

散りかけの八重桜、ツツジ、藤、ジャーマンアイリス、マーガレット、しゃくなげ、ハナニラ、たんぽぽ、オキザリス…。
どこもかしこも花盛り。
きれいですねえ。

その後、近所の商店街にある小規模デイサービスを見学させてもらい、
理髪店で伸び放題の髪を切って、
いつもお店でパンと野菜と魚を買って…。
帰ってきたら、もう3時間もたってます。

よくがんばった!(私も!)

慌ててパンを食べ、お昼寝し、訪看さんが来てくれて、あららもう夕方。
大急ぎで夕食の準備をしました。

魚屋さんで砂抜き済みのきれいなあさりを買えたので、
池波正太郎大先生の『剣客商売』に出てきた『あさりのぶっかけ』を真似て
ねぎ、だいこん、えのき、しめじ、ほうれん草、油揚げ、豆腐を薄味で煮て、
最後にあさりをのせて、酒と塩でさっと味付けしました。
とくにだしを加えたりしなくても、具材から旨味がたっぷり出ます。

作中では、これを炊きたてのご飯の上にかけてわしゃわしゃと4杯もおかわりするんですけど、
さすがにそんな食べ方はできませんね。
でも野菜はたっぷり食べられますよ。

それと主人の大好きなマグロのお刺身、かぼちゃのサラダ、トマトとアボカドです。

主人がなかなか起きてこないのを待ってる間にくたくたに煮えた大根が甘くて、
塩とゆず果汁だけでおいしくいただきました。


そうそう、今さらながら無水鍋の使い方がやっと分かってきたんです。
コツは『落し蓋』です。
これで具材に火が通るのがぐんと早くなりますし、煮汁が少量ですみます。
今は余ったオーブンペーパーを切って使ってますが、これで十分代用できますね。

料理下手な鬼嫁は、落し蓋なんて面倒なもの何で使うんだろうと思っていました…。

何事にも理由があるのですね。勉強になりました。



今日はうちの周りの小さな範囲で、小さな生活を楽しみました。

私もあと20年もしたら、こういう生活になるのかな。
自分の老後…。ねえ…。
何しろ間違いなく『おひとりさま』ですから、気楽といえば気楽なんですが。
逆を言えば、何もないってこと。
なると主人を見送ったら、自分の身もさっさと片付けたいのが本音です(笑)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する