やめてみて分かること

私は、主人のためにいろいろと試してみます。
あんまりお金がかからないことなら、何でもです。

でも、ほんとに効果が出てるのか?
いまいちわかりにくいんですよね。

そんないろいろのなかで、
やめてみたら「あ、効いてたんだ」と気づいたものをいくつかご紹介します。


1.黒胡椒のエッセンシャルオイル
嚥下に良いと聞いて試してみたもの。
黒胡椒に含まれる成分が大脳基底核で生成されるドーパミンを増やし、
ドーパミンが増えると嚥下反射を促す『サブスタンスP』という物質の分泌が増えるという仕組み(多分)です。
で、エッセンシャルオイルをほんの少量、ティッシュ等に垂らして主人の服のポケットに入れておくんですが、
長期間使い続けるのもよろしくないなぁと思い、
痰がらみがひどい場合などに限って使ってます。
※エッセンシャルオイルは濃度が高いので、内臓に負担がかかりますし、
 猫にも良くないので、できれば使いたくないのです。

で、確かにドーパミンが増えたと実感するのが、
手の震えです。
パーキンソン症状といわれる手の振戦が、黒胡椒のエッセンシャルオイルを使うと治まるんです。

これで嚥下が良くなっているかは、はっきり言えないんですけど(汗)
でも長い目で見ると徐々に良くなってきているのは確かです。

今後もパーキンソン症状が出た時には、このエッセンシャルオイルの助けを借りたいと思います。



2.なたまめ茶
これは副鼻腔炎対策で使い始めました。
(誤嚥でむせた食物が鼻に逆流すると、副鼻腔炎の原因になります)
なたまめ茶は抗炎症作用があり、膿を出す(化膿を抑える)効果があるらしいのです。
で、ずっと注入の水分になたまめ茶を使ってきたんですが、
箱買いしたオーエスワンの賞味期限が近づいてきたので、一時的に使用を止めたところ、
口臭が復活。

おおっ、すごいんだ、なたまめ茶!



3.びわの葉エキス
万病に効くといわれるびわの葉。
うちはお灸などはできない(私の根気が続かない)ので、
びわの葉の成分をアルコールに抽出したエキスを使ってます。
皮膚の炎症、鎮痛に良いと思います。
うちは毎晩このエキスで主人のお尻を洗い(笑)
痔の出血をかなり抑えることに成功しました!

すいません、いきなり…。

でもこれは効きました。
処方して頂いた痔の薬を塗り続けても一向に効かなかったんですけどね。

毎晩しつこく続けるのがポイントです。
ちなみにうちは3ヶ月以上続けました。


今は、毎晩下腹部のマッサージに使っています。
時々ガスがたまって苦しそうなんですよね。
よし、あきらめないで続けるぞ!
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/05/16 (Sat) 07:35
    あんぱん父さん #- - URL

    やりたくないのに分かること・・・・・荷造りは大変 !

  • 2015/05/17 (Sun) 08:18
    mikomona #- - URL
    あんぱん父さん、おはようございます。

    ホント荷造りは面倒ですよね。
    入院の時の荷造りはマジで大変でした。

    いつか、バッグ一つの身軽な旅がしたいです(涙)

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する