~海は広いな大きいな~ 伊東のお宿にて#5 Go Time!

伊東の『青山 やまと』さんに泊まっております。続きです。

食事は夕食、朝食ともお部屋食になります。



続きはこちらから






二人とも同じメニューですが、主人は固いものを除いてもらい、
一口大、とろみ付きでお願いしました。

まず私の前菜…えーとなになに…。(おしながきを見る)
左から
・パプリカのムース・そら豆・野菜肉巻き・蛤のコチュジャンあえ・笹巻き鯛寿司・ホタルイカ
DSCN147601.jpg
これで白いご飯があれば結構お腹一杯になりそう。

食前酒で白びわ酒を頂きました。

主人の前菜
すいません写真の向きが…。
・パプリカのムース・そら豆・煮こごり・白アスパラのコチュジャンあえ・枝豆豆腐・笹巻き鯛寿司・ホタルイカ
DSCN147602.jpg

主人の鯛寿司は、具を小さく切って酢飯に混ぜ込んであります。
DSCN147603.jpg
私の鯛寿司は、鯛の切り身がそのまま乗ってます。
DSCN147604.jpg
他に固いものはムースや煮凝りに変身してました。
変身していても決して手は抜いてません。

んでは、いっただきま~す♪

ぺろり。
DSCN147605.jpg

次にお造り。
DSCN147606.jpg
まぐろ、かつお、うにです。

すごーく柔らかくて美味しそうでした。(一口も分けてくれなかったので分からない)
DSCN147611.jpg
当たり前だ!誰にもやらん!

私のお造りは、歯ごたえのある白身のお魚が多かったですね。これもおいしかった♪
DSCN147607.jpg
かんぱち、鯛(多分)、ほたて、甘エビ、あとなんだっけ…。

そうそう、生わさびが超辛くて、超おいしかったんですよ。
DSCN147608.jpg
さすがわさびの産地、伊豆ですね。
鼻の奥がツンツンしっぱなし、涙を流しながら完食しました(笑)
辛いんだけど、みずみずしいわさびの何といい香り!旨い!
うちのチューブわさびとは…いや、比べちゃいけませんね。

枝豆とじゅんさいのスープ。
これは二人とも同じでした。
DSCN147609.jpg
ただ、じゅんさいは滑りが良すぎて誤嚥しそうだったので、主人のは除きました。

『ぬめり』はありすぎても喉を通るスピードが早くなり誤嚥の危険があるんですよね…。難しいものです。

私の方は、桜えびが入ったれんこんまんじゅう。生のりと三つ葉がちらしてあります。春の味ですね。
DSCN147610.jpg
主人は飛龍頭(つまりがんもどき)。
ゆでて刻んだ海老がたくさん入ってました。湯葉のあんかけも柔らかくておいしそうでした。
DSCN147612.jpg

メインは4種類から選べるので、
主人は牛ロースと野菜の朴葉味噌焼きにしました。
DSCN147614.jpg
ぺろり。
DSCN147615.jpg
はやっ!
あと、蟹の酢の物もありました。こちらも半分ほど食べられました。

私のメインはイサキを焼いたものと、揚げた千切り野菜です。
DSCN147613.jpg
歯ごたえの楽しい野菜にジューシーなイサキ。
酸味のあるソースがおいしかったですよ。

あれ、写真撮り忘れた…私の酢の物はもずくでした。

そしてさらに(量は少ないけど)しゃぶしゃぶまでやってきました。
DSCN147616.jpg

私は桜鱒
DSCN147617.jpg
主人は牛肉です。
DSCN147618.jpg

この後、ご飯、お味噌汁、デザートに西瓜を頂きました…が…。


残念ながら完走ならず。しゃぶしゃぶの途中でリタイアしました。
DSCN147619.jpg
joe_2001.jpg

まさに燃え尽きましたねぇ…。
※あくまでイメージであり、 鬼嫁がノックアウトした訳ではありません(笑)


あ、でも西瓜は後で頂きましたよ。今年の初物です。寿命延びたかな?


あー、食った食った…。
(主人を放置してベッドに横になる鬼嫁)

主人のお食事は、調理方法や盛り付けなど、ほぼリクエストどおりに作って下さったと思います。
そして薄味で食べやすく、彩りも美しかったです。
やっぱりプロのしごとは手堅いなぁ…と感心する鬼嫁でありました。

でも、旅館の食事って量が多いんですね。
こういうものをこれぐらい食べてます、って写真送ったんですが、
軽く3倍は出たと思います(笑)
もちろん、主人が食べきれなかった分も含め、私はほぼ完食。当然だよね!
この旅行で2kg太ったのは秘密です(笑)

ごちそうさまでしたー♪
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する