担当者会議

8月15日、我が家ではサービス担当者会議がありました。


介護保険を利用されているご家庭は先刻ご存知でしょうが、
介護保険を利用する際、ケアマネージャーがケアプラン(介護サービス計画)というものを作ってくれます。
要介護認定を受けた利用者に、どのようなサービスが必要なのか、費用はどのぐらいかかるのか、利用者、および家族に代わって作成してくれるのです。非常にありがたいサービスです。

以前、介護保険を利用する前は障害者自立支援法に基づくサービスを受けていましたが、
ケアプランは市の福祉課の担当者が作ってくれるものの、実際どのようなサービスを使うかは利用者が検討、決定、交渉しなくてはならず、はっきり言ってめちゃめちゃ大変だったんです。
まぁ実際はサービスの種類も事業者も少ないので、迷うことはなかったですけどね。

で、介護保険は定期的に更新があります。
介護サービス計画も同時に更新されるので、その度に介護サービス事業者が全員利用者宅に集まって話し合いをする、それが『サービス担当者会議』です。

うちのように要介護5(最重度)で、
デイサービス3ヶ所(臨時も含めると4ヶ所)、訪問看護、訪問リハビリ(PT・ST)、福祉用具と使えるものは何でも使っている家庭では
全員集まることは難しいので、来れないところは事前に文書で意見を出して対応しているようです。

今日は5名いらっしゃいました。

朝から非常に暑かったので、
あんまりおいしく作れなかった残念なアイスティー(冷たいだけが唯一の救い)を飲んで頂きました。
鬼嫁は大人数の飲み物を作るのに慣れてないので、いつもヘタなんです。
(あ、こういう時のお茶は必要ないという意見もあるようですが、まぁ暑いですからねぇ…)


会議の目的は本人、家族からの要望、事業者からの意見を出し合って、よりよいサービスになるようなケアプランを作るもので、
うちはもともとすごく行き届いたサービスを受けていると思っていますから、終始和やかに粛々と進んでいく…かと思いきや
鬼嫁が世間話で脱線させるのが恒例行事となっています。
ほんとすいません…。


今回はリハビリの件で一言言わせていただきました。

もともとデイサービス(通所介護)とは日常の生活の自立が困難になった要介護者に
食事や入浴などのサービスを提供し、利用者の見守りや家族のレスパイトなどを目的とした施設でしたが、
最近では機能訓練(リハビリ)、口腔ケアなどのリハビリを重視したり、
外出イベント(買い物・外食)をやったり、パチンコで遊べたり、おしゃれなカフェがあったりと
いろんなデイサービスがありますね。

で、個別でリハビリをやって頂くのは大変ありがたいのですが、
施設ごとに目標も内容もバラバラ、情報共有ができてません。

リハビリとは、ただ訓練をすれば良いという訳ではなく、利用者の希望を実現するための具体的な目標をプロが設定して実行するというものです。建前はそうです。

例えば、うちが脳外科からリハビリ病棟へ転院した時、私の希望は
一回目は 『歩けるようになる』『意思疎通ができるようになる』
二回目は 『少しでも立てるようになる』『口から食事ができるようになる』
でした。


で、施設でも当然リハビリの目標と計画を作ってくれていて、概ね問題ない内容なのですが、
例えばとある施設の計画表に『好きな時にベッドから起き上がれるようになる』と書いてあって、
「えっ!そんな目標困るんですけど」と、ビックリすることもたまにあります。
(せめて作る前に家族に相談して欲しい…)
もちろん、今の主人は自力で起き上がるどころか、寝返りもできませんから大丈夫ですけど、
ある日突然、夜中に一人で起き上がって、さらに立とうとして転倒とかシャレになりません。

そこで、各デイサービスで行っているリハビリ計画を訪問PTに集め、適宜内容を評価してもらうことにしました。

今日の担当者会議ではデイサービスEさんから
「立位保持がうまくできるようになったので、歩行訓練にレベルアップできないか考えている」と嬉しい意見を頂いたので、
さっそく、訪問PTさんが行っている歩行訓練の内容を伝えて同じような訓練ができるか検討してもらう事にしました。


また、デイサービスAさんからは
「来週夏祭りがあるんですが、その際何かおやつを食べて頂きたいと思うのですがいかがでしょう」
とこれまた嬉しい意見を頂きました。
が、
「たとえ慣れたデイでも、人が多いところで食べなれないものは避けた方が良い」
という鬼嫁の判断で見送りとなりました。ごめんね。
だって焼きそばとかフランクフルトは、まだ難しいと思うのよね~~。

通常型のデイサービスでは、ひとりひとりの食事を常時マンツーマンで見守る事は不可能です。

無理はしない方がいい。
楽しいはずのお祭で肺炎になったりしたら、なにもかも台無しですもの。



まぁ肺炎の危険もあるんですけど、
本音を言えば、食事はその場にいる全員で楽しく召し上がって頂きたいのです。
主人はまだまだむせ込みがあります。
嚥下がうまくいかず、口から吐き出してしまう事もしょっちゅう。
食後のテーブルの上はけっこうひどいありさまです。
もちろん私は我慢できますが、これを他の利用者さんに耐えてくれとはとても言えません。

主人には気の毒だけど、もう少し上手に飲み込めるようになるまでは…。
(その日が来るのかどうかは不明ですが)
がんばれ、がんばれ。



ところで、介護保険の更新だからサービス担当者会議を開いたんですが、
実は要介護度の決定はまだなんですって。
今月末には切れちゃうんですけど、検討会議すら行われてないそうで…(予定では来週らしい)
要介護度が変わらない事を前提にケアプラン作ってるのに、もし変更になったら困りますよね。

※ちなみに認定調査は先月上旬に済ませてます。


……この間の、自己負担割合の通知もギリギリだったし、うちの自治体はのんびりしてるなぁ~。
と、いつもいつも仕事を先送りしてバタバタしてる鬼嫁が言ってみましたよっと。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する