要介護度の再認定にむけて

先日、主人の要介護認定が 5から4へ下がった と書きました。


これによって、一ヶ月に使える介護保険の限度額が5万円以上低くなり、
障害者総合支援法(今こう呼んでるみたいです)で受けていた重度訪問介護も受けられなくなりました。

介護保険サービスと障害者総合支援サービス(と呼んでいいのかな)の併用は
65歳以上の利用者の場合、あくまで介護保険が優先なので、
◎介護保険が最重度認定(要介護5)の人で
◎かつ、介護保険にないサービスが必要で
◎かつ、介護保険を限度額いっぱいまで使い切ってる
のみ、併用を認める というのが運用ルールになっているらしいのです。


主人の場合

現状では
◎最重度(介護保険:要介護5 障害者総合支援法:障害支援区分6)
◎重度訪問介護(見守りがメインの長時間型訪問介護サービス)は介護保険にはないサービス
◎ほぼ毎月限度額オーバー
ですので、問題なく併用できていました。


なぜ重度訪問介護を利用してきたかというと、
▽主人には24時間見守りが必要(一人でいられるのはせいぜい30分)
▽デイサービスから帰ってくるのは17時、そこから私が会社から戻ってくるまでの約2時間が空白になる

私が働いて家計を支えるため、主人が安全に過ごせるため、
大事な大事なサービスなんです。

それを介護度が下ったら途端に即支給打ち切りとか、ほんとお役所的ルールですよね~~。


で、当然再認定をしてもらうつもりなんですが、
その結果が出るのは恐らく9月後半でしょう。


では、9月のケアプランをどうするか。


要介護5に戻せると見越して、現状維持でいくか
要介護4のままだと困るから、サービス内容を減らすか。

要介護5のケアプランを変更しないままで、要介護4が覆らない場合、介護保険と重度訪問介護で合計約15万円が自己負担になります。


冗談じゃないですよね。


ね。



うちのケアマネさんは最初
「大丈夫です、再認定で要介護5に戻しましょう!」
と、ケアプランの見直しはしない様子だったのですが、


冗談じゃないですよね。


ね。




15万払うのは私ですから。



で、まず重度訪問介護に来てもらっている事業所に連絡しました。
私のことはもちろんですが、ヘルパーさんのやりくりだってとても大事ですからね。
迷惑はかけられません。


そしてどうやって自己負担を減らすか、週末ずっと考えて、
翌週の朝にケアマネさんに電話しました。


すると、これから市役所に行くところだと言うのです。
「福祉課に相談したら、とりあえず資料持って説明に来て欲しいと言われたのでさっそく行ってきます。
 介護認定が変わっても、ご本人の状態に大きな変化がなく、必要なサービスの継続ということなら
 どうも前向きに検討してもらえそうな気配ですよ」

おっ!


介護保険と違い、障害者向けのサービスは
『障害者に必要と認められたなサービスは個々の事情を鑑みて支給の可否を判断する(例外も認める)』
という原則があります。

もちろん無制限に認める訳ではありませんし、
自治体の判断は時に非常に冷たく、理不尽です。

例えば先日ニュースで報道されましたが
『埼玉県川口市が、重度障害児の受給者証の更新をしなかった事例』
がありました。
ソース元
※この自治体の判断に対し、厚労省は『更新すべき』という見解を出しています。


「重度訪問介護が認められれば、万一要介護4のままでも何とか在宅を続けられますよね」
「はい、私も同じこと考えてました」


「もちろん、再認定は申請するつもりですが、それでよろしいですね?」
「はい、お願いします」
「前回の認定調査の資料は奥様が請求すれば入手できますので、取り寄せてみることをおすすめします。
 どんな判定をされたか詳細が分かりますから」
「分かりました」

ケアマネさんにとってみると、当然要介護5のままでいけると思っていたのに
この結果は本当に驚きだったようです。
『絶対おかしいです!再認定してもらいましょう!』

一方私はもう少し引いた反応というか、そういう結果もあるだろうなと思いました。
なぜかというと

要介護5の方の判定基準は
◎生活のほぼ全てにわたって全介助
◎意志の伝達が不可能
◎認知機能の大幅な低下
◎介護拒否や暴力などの問題行動
です。

主人の場合
◎生活のほとんどは全介助だが、箸を使って自分で食べたり(介助は必要)、髪をとかしたり、一部自力でできる部分もある。
◎自発語はほとんどないけど、相手の言う事は理解できて相槌や返事ができる(100%ではないが)
◎短期記憶や注意障害など、高次脳機能障害は重篤だが見当識は保たれている(多分)
◎現在は穏やかで、(おーい、おーい攻撃以外は)暴力などは見られない
なのです。

となると、
私の判断で要介護判定すると
4.7ぐらいかな~~。

一年前は4.8ぐらいですかね。

4.8から4.7。(ビミョー)

これを四捨五入して5とするか、切り捨てで4にするかは判定する人によって判断が分かれるところです。
今回は
『まっ、ちょっと改善してるんなら4でいいじゃん』
そういう感じだったのではないでしょうか。
主人にかぎらず、介護保険の判定会議で個々の事例を細かく掘り下げて検討するなんて絶対ないと思いますので。(あっ、独断と偏見ですいません)


それにしても、ケアマネさんがいち早く動いてくれて助かりました。
特に私と同じ方向に考えてくれて、本当に嬉しかったです。
(要介護度はともかく重度訪問介護は絶対に必要不可欠なサービスだという認識)

何とか認めてもらえるといいなぁ。


あ、それより問題は私だわ。
再認定調査対策をしっかりやらないとね。

でも、主人の状態に関して、嘘をついてまで重度に判断してもらうつもりはないのです。
できることはできる。
できないことはできない。
ちゃんと説明して、理解してもらって、判断して欲しいだけ。


それがいかんと言われればそれまでで。
あーでも、やっぱり月額15万円も自己負担してられないしなぁ…。


難しいですね。
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/08/27 (Thu) 10:00
    mugitya #- - URL

    こんにちわ。
    ブログを拝見するたびに なんか励ましてあげたいなぁとか 思ってしまいます
    なにも出来ませんが。

    それでも 制度のこととか あらゆることに聡明なかたなのでしょう。
    しっかりされていて すごいと思います。
    無理なさらず お体は大切にしてください。

    何のために消費税を上げたのか?と言いたいですね。

    それと ミョウガ 今年 初めてうちでも採れました。漬けてみます。
    生でも けっこうおいしいですよね。

  • 2015/08/27 (Thu) 18:45
    あんぱん父さん #- - URL

    介護はお金優先です、一度きりじゃないんだから・・・ばーちゃんが老健に入ってる時、年金改正になり一番気の毒な枠になってしまい、大変な思いしました、ケアマネさんに介護認定上げて貰いなんとかなりましたが・・・・・。
    良い方向に向かいますように。

  • 2015/08/30 (Sun) 11:41
    mikomona #- - URL
    mugityaさん、こんにちは。

    温かいコメントを頂くだけで十分励まされております。ありがとうございます。

    いや~、介護福祉の制度はややこしすぎて私にはさっぱり分かりません。
    それでも在宅でやってこれてるのは、優秀なケアマネさんはじめプロの方々のおかげです。

    消費税は15%ぐらいまでは確実に上がるんじゃないでしょうか。
    高齢者はもちろん大変ですが、若い世代が一番大変だなと思います。

    みょうがの甘酢漬けは簡単に作れて保存が効くのが嬉しいですよ。
    漬け汁は少なめ、甘めに作るとおいしいです。ぜひお試しください。

  • 2015/08/30 (Sun) 12:09
    mikomona #- - URL
    あんぱん父さん、こんにちは。

    毎日寒くてじめじめ、うっとおしいですね。
    風邪ひかないよう気をつけてくださいね。


    うちの祖母も国民年金を払っていたのに、制度改正のせいで全然もらえないと叔母たちがぼやいてました。
    うちの母は受給年齢を前に亡くなってしまいましたし。
    我らの時代はもらえても、本当にお小遣い程度なのでは…。

    後でちゃんと書くつもりですが、重度訪問介護が認めてもらえたので、
    最悪の事態は避けられました!ケアマネさんのおかげです。

    ほっとして気が抜けたのか、週末はだらだら…何もする気になれません~。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する