車いすで京都旅行 #9 イケメンがやってきた!

2日めの朝、妙にすっきりした顔(笑)で朝食を済ませ、余裕かましている主人。

朝食後の仮眠から目が覚めたところです。

これから何が待っているかも知らずに…ふふふふ。



続きはこちらから



ただ今8時20分。
ホテルビナリオさんの前でKさんと待っていると…。

あっ、きたきたきた!
DSCN2341_0036_DSCN2285.jpg


めっさイケメンの車夫さん(すいません)がさっそうと人力車を引いてやってきました!!!


そう、2日めは朝から人力車で嵯峨嵐山を散策するのです!

え?と私も思いましたが、Kさんは自信満々でした。

どうやって乗せるかというと…。
DSCN2341_0035_グループ 4
秘密兵器が出てきましたよ。

この黄色いの、名称は不明ですが足を通して背中まですっぽり包むようになっています。


両側に縫い付けた丈夫な幅広の布製のテープの輪を介助者の首~肩に通します。
DSCN2341_0034_DSCN2288.jpg

Kさんが簡単にレクチャーした後、助手の男性(人力車の会社の方です)にバトンタッチ。
DSCN2341_0033_レイヤー 1
Kさんは写真撮影に回りました。

せーの!!
DSCN2341_0032_DSCN2291.jpg

…と、ここで足が宙ぶらりんになってしまうので、私が足を持って一緒に人力車の前まで移動します。
そして、まず私が座席についてから、2人がかりで主人を座席へ持ち上げてくれました。

お二人とも力仕事に慣れてるので、軽々運び上げてましたが、
普通の人がやるのはどうなんでしょうね?私も上げてみたかったです。


というか、なんで車夫さんは皆さんスリムマッチョなんですか!!!
水着審査か体重制限があるのだろうか???

などと不届きな考えを巡らせる鬼嫁をよそに、
DSCN2341_0031_レイヤー 2
以外に余裕しゃくしゃくの主人。怖くないのかな?

シートベルトがあるので、よほど急に停車したりしない限りはずり落ちたりはしないと思います。
もちろん、麻痺がある方が1人で座るのは無理なので、必ず介助者が隣でサポートする必要はありますが。

ルートはこのお二人にお任せ。
料金は2人で60分コース、15,750円でした。
DSCN2341_0030_グループ 5
これを高いと思うか安いと思うかはその人次第だと思います。

でも、人力車って、とっても乗り心地が良くて、すごく快適に観光地を回れましたよ。
そうそう乗る機会ないですし、もしチャンスがあったらぜひ試してください。
特に京都は人力車がたくさん走ってますから、思ったより恥ずかしくないです。
その時はぜひぜひ『えびす屋』さんでお願いします(笑)
ちなみに女性の車夫さんもいるんですって!

あっ、あと普通人力車はホテルまでは来てくれないので、乗り場まで行く必要がありますが、
嵐山の場合渡月橋周辺に客待ちしている車夫さんがたくさんいるので、気軽に声をかけてみてください!
予約も受け付けてるそうですよ。


以上、勝手な宣伝終わり!(笑)



それでは、行ってきま~~す!!
DSCN2341_0029_DSCN2294.jpg

<続きます>
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/10/29 (Thu) 23:03
    だだ #- - URL

    すごーい!
    人力車に乗れるんですね!
    そんな小道具まで用意してくださるなんてさすがの旅行会社ですね。人力車のスリムマッチョにに惹かれますが、有能なKさんも素敵!

  • 2015/10/30 (Fri) 08:50
    mikomona #- - URL
    だだ さん、おはようございます。

    だだ さん、おはようございます。
    コメントありがとうございます。

    そうなんです、乗れましたよ!

    2~3人で持ち上げられる体重であれば、私達がやったような方法で乗れると思います。
    以前はバスタオルで持ち上げたと言ってました。
    片麻痺の方は患側に介助者が座って支えるようにすれば、割と安定します。
    滑り落ちるような事はあまりないと思います。
    イケメン車夫さんは超安全運転でした。

    ちなみに車夫さんがこれまで引いた最大重量は2人で250kgだとか…。
    車いすで250kgは押す自信ありません。さすがプロですね。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する