『普通』はごちそうだなぁあと思う鬼嫁

今日の夕食です。

ごった煮、玉子焼き、さつまいものごま油焼き、トマト、アボカド、ぬか漬け、ご飯(梅干し)


ごった煮は長ねぎ、きのこ、かぶ、雪菜、春菊を昆布だしと日本酒少々でくつくつ煮て、塩をふり、豆腐を加え、最後に豚肉をのせてさっと火を通しました。食べる前に刻んだ長ねぎと、自家製ポン酢をかけます。
昔は汁物には何でもかんでも『ほんだし』を入れてましたが、最近は野菜と昆布、あとは肉や魚から出ただしで十分です。
味付けも塩のみとか、ちょっと醤油を回して、とかですね。

うちは、さつまいもやかぼちゃなど、火が通りにくい根菜は一度に蒸かして冷蔵庫に入れておきます。
あとは汁物に入れたり、サラダにしたりポタージュにしたり。
今日はごま油でかりっと焼きました。こちらも塩をふって食べます。

白いご飯は、主人は毎日食べる訳じゃないんですけど、ご飯を炊いた日は必ず出してます。
(我が家は多めに炊いて冷凍するパターン)
今日は自家製の梅干しをまぶして食べてもらいました。

八百屋のお母さん自慢のぬか漬け。毎回いろんな野菜が入ってるんですけど、今回はパプリカとズッキーニがおいしいです。

トマトとアボカドは…もうほんとにワンパターンなうちの生野菜です。


こうしてみると、なんとも地味なご飯ですね(笑)


主人はこういう『ごった煮』系の食物が嫌いなんですけど、今はパクパク食べてくれます。
(拒否権がなくてごめんね)
どうも『けんちん汁』とか『豚汁』とか、名前のある料理じゃないと食物ではないという認識らしい…。

私は逆に、名前のついた食物を作るのが下手くそで、
冷蔵庫にあるもので適当に料理する方が楽でいいや、ってタイプの人間。


一緒に暮らし始めてすぐに、味噌汁の味噌の種類で喧嘩になって気づきましたが、
おうちのご飯に関しては本当に正反対の夫婦です。
外に食べに行く時はあんまり気にならないのに。不思議。


そういえば、ポン酢も梅干しも、今までなんとも思わずに食べていましたが、
自分で作ってみると、すごいごちそうに感じます。
きっと第三者が食べると何とも思わず食べて
「手作り?ふーん、そうなんだ」って感じでしょうけどね。


でもいいや、自己満足で。
外で食べるご飯もいいけど、自分で作った普通のご飯が一番のごちそう。

そういうことにしておきましょう。
ごちそうさまでした!
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する