我が家の贅沢ゆずポン酢

ポン酢に贅沢があるのかと思われたでしょうが、ものすごく贅沢ですよ。

お取り寄せした無農薬のゆず2kg
DSCN258001.jpg

えっさほいさと絞ります。
DSCN258003.jpg
ゆずは皮に香り成分がたくさん含まれているので、皮を下に向けて絞ります。

柚子は種が多いですね!
DSCN258004.jpg
種と果汁を濾し分けます。
私は滅菌ガーゼを使いますが、ざるで漉す場合は、雑菌が入らないように熱湯消毒した方が良いと思います。

あ、最初からざるをおいて絞る方が賢いやり方ですよね。←うっかり八兵衛は後で気づく

この種はざっと洗って天日で良く干しておきます。焼酎に3週間ぐらいつけておくと保湿液ができますよ。
完全にカラカラになるまで干さないとカビが生えますので注意してください。


果汁の重さ(体積でも)を量ります。今回は400g取れました。
同量のお醤油を加えます。
今回使ってるのは小豆島のおいしい『ヤマロク醤油』です。
木桶で仕込んだまろやかなお醤油です。

そこへみりんを60ml加えてまろやかさをプラス。
ちなみに使ったみりんは三州みりんの『有機三州味醂』です。色も風味も濃いみりんですね。
量はお好みです。果汁と醤油を合わせた重さの7~10%ぐらいでしょうか。
酸っぱいポン酢がお好きなら、全く入れなくても良いと思います。

最後に山盛りかつお節(西友のみなさまのお墨付きブランド(笑))と真昆布を入れます。
DSCN258005.jpg
かつお節の量は多いほどおいしいそうですが、
液体の重さの5%ぐらいあれば良いと思います。

無理に沈めなくても自然に沈んでいきますよ。

ラップをして涼しいところで24時間おきます。


翌日、二重にした滅菌ガーゼで漉します。
DSCN258006.jpg

ぎゅっと絞りたいとこですが、しばらく放置して自然に水分が切れるまで待ちます。
DSCN258007.jpg

気がついたらガーゼごと落ちてやり直すこと2回…(笑)
ポン酢まみれになりましたが、何とか濾せました。

後は冷蔵庫で1ヵ月以上寝かせればできあがり。

もちろんすぐ食べてもおいしいんですけど、酸味がまろやかになるんですって。
本当は半年ぐらい寝かせた方が良いそうですが、私の性格上、そんなに待てません。

全部で750mlできました。
DSCN258008.jpg
適当に容器を選んだらみちみちになっちゃった…。

多分原価3,000円以上かかってます。おおっ!

ここまで贅沢にする意味ないんですけどね(汗)弟に鼻で笑われそう…。

お正月に使おうと思ったんですよ。
うちはおせちも買わないし、格別ごちそうも作らないですからね。
一丁100円の豆腐をおいしい湯豆腐に変身させるべく、仕込みましたよ。

今回はゆず果汁ですが、生食には酸っぱいな~という柑橘の果汁でいろんなポン酢ができます。
普段使いなら果汁を買って作ればもっと安上がりで簡単です。
定番のゆず、すだち、かぼすの他にゆこう、橙、いろんな果汁が市販されてるので、好みでミックスしても楽しいですね。


ところで、ちょっと興味が湧いたので市販されているポン酢を調べてみました。

ミツカンゆずぽん
ミツカンゆずぽん 360mlで259円(税込) 750mlに換算すると538円 ※ネットで安めの価格を探しました
『本醸造しょうゆ(大豆:遺伝子組換えでない)、果糖ぶどう糖液糖、ゆず果汁、醸造酢、食塩、昆布だ
し、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に小麦を含む)』


旭ポン酢
旭ポン酢 360mlで658円(税込) 750mlに換算すると1,368円 ※ネットで安めの価格を探しました
『しょうゆ(本醸造)(大豆、小麦を含む)・柑橘果汁(スダチ、ユコウ、ユズ)・醸造酢・風味原料(混合節(さばを含む)・利尻昆布・乾しいたけ)・食塩・砂糖・みりん・醗酵調味料・たんぱく加水分解物・調味料(アミノ酸等)・酸味料・カラメル色素』


とば屋味付けポン酢
とば屋 無加糖ポン酢 900mlで1,188円(税込) 750mlに換算すると986円 ※公式オンラインショップの価格
『しょうゆ(本醸造、大豆、小麦を含む)、すだち果汁、米酢、ゆず果汁、昆布エキス、かつおエキス、調味料(アミノ酸等)』


画像なし
mikomona家の贅沢ポン酢 750mlで約3,000円(推定)
『しょうゆ、ゆず果汁、みりん、かつお節エキス、昆布エキス』


ゆずぽんは果汁より糖類の方が多いんですね。
この『果糖ぶどう糖液糖』とはいわゆるコーンシロップといって、とうもろこしを加工してつくった糖です。
旭ポンズはゆずの他にすだち、ゆこうを使ってます。ゆこうってゆずに似た柑橘ですがちょっと変わった香りがしておいしいんですよ。
干ししいたけのだしも使ってるんだ。結構いろいろ入ってるんですね。
カラメル色素で色をつけてるのか~。
そして全てのポン酢に入ってる『調味料(アミノ酸等)』とは、いわゆる化学調味料のことですね。

あ、別に食品添加物がああだこうだという話ではないので、参考までに。
でも成分表示ラベルを良く読むと、市販の加工食品には本当にいろいろなものが入ってます。

一方、採算度外視の我が家の贅沢ポン酢のなんと高価で、さっぱりしたことか(笑)
趣味ですからね。比べてもしょうがないです。

さあ、できあがりが楽しみです♪

そういえばあと一ヶ月でお正月かぁ。今年は黒豆煮てみようかな~~。
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

  • 2015/12/03 (Thu) 23:57

    めっちゃ 高価なポン酢ですやわ~
    でも 半年後?に味見したいです。
    柚子胡椒も自家製だし  mikomonaさん
    家のお鍋は 正真正銘の「我が家の味」ですね。

  • 2015/12/06 (Sun) 10:50
    mikomona #- - URL
    ドルフィンココアさん、こんにちは。

    ドルフィンココアさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    ほんと、ありえない高額商品ですよね(笑)
    ポン酢づくりはゆずを絞る手間以外は簡単で、しかもかなりおいしいです。

    ゆず胡椒も熟成を待ちきれず一ヶ月後から食べ始めましたが、最近さらにおいしく感じるようになりました。
    何でもかんでもインスタントで手っ取り早く!というのもありがたい事ですが
    時代に逆行したスローな食物も大事にしたいです。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する