ちょっと一息

イギリスのスーパーマーケット、セインズベリーのクリスマスCMですが、映像作品としても立派に成立しています。


キリスト教徒であってもなくてもクリスマスの季節はすべての人が楽しいひと時を過ごして欲しいと思いますね。
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/12/07 (Mon) 07:20
    はるのおかん #- - URL

    見入ってしまうCMですね。
    オーケストラの指揮者も素敵でした。
    いつも色んな動画、楽しませて頂いています。自分で検索する!という発想がないもので、mikomonaさん、尊敬です。

    私事ですが、今年は母が編んだ蔓編みのリースに飾りつけをしようかと思っています。今は、じいさんが留守なので、そう思えているだけで、実際は出来ないかもしれませんけどね。ほんの一瞬でもそう思える瞬間が生まれてきた事が嬉しくてたまりません。ところが、普通の生活が嬉しいと感じた分、じいさんを目の前にした時、現実との開きが大きく、普通に生活できなくなる事の不便さが今まで以上に強く感じてしまい、以前よりも増してじいさんの存在が辛くなってしまいますっけ。

    mikomonaさんの所で愚痴ってしまいごめんなさい。

    胃ろうのお話もとても参考になりました。
    今週、胃ろうの手術を受けたおばあちゃまが退院して在宅に戻ります。ケアマネ様も我ヘルパーのボスも大反対でした。嚥下障害以外には、大きな疾病がないからかもしれませんが、食通のおばあちゃまでしたから、とろみ剤は大っ嫌いで、美味しくないのを口にするなら、飲み込めなくて吐き出しても食感と味を楽しめる物を食べたい希望がありました。胃ろうを取り付けた事で今後、どんな調理を実践していくか今は分かりませんが、ご本人は、きっと、栄養は胃ろうから、口からは飲み込めなくても食べたい物と割り切っていると思います。
    また、ケアマネさまと利用者さまとのバトルになるでしょうか?
    それって・・・?なんですけどね。

    介護する側とされる側、ほんの少しのズレや勘違いで介護がまるで変ってしまいます。本人が医療的には望まれない選択を希望した場合、介護する側の対応って、どこまで本人の気持ちに添えるかって大きなポイントになりますね。
    脳腫瘍から片麻痺になった男性が一人で暮らしているお宅へ、生活支援、入浴介助に訪問しますが、このお宅へ行くと、まるで『奴隷』になった気分になります。時間内では収まりきれない内容なのですが、それは出来ないオレなんだから周りがやるのが当然で、しかもヘルパーには、常に一糸乱れない仕事をして欲しいのですよ。
    この方の勘違いは、誰も正してくれないのでしょう。

    mikomona様と旦那様、喧嘩もまた良し!ですね。

  • 2015/12/07 (Mon) 22:38
    lai #- - URL

    CM、見入ってしまいました。
    テンポが良くて映画館で見ている気分です。

    先日のオーブンレンジのコメントに返事をいただき、ありがとうございました!
    加熱水蒸気やらコンベクションオーブンやら、ようやく話が分かってきたところです。そしてあるのとないのとでは違いもあるってこと、すごく参考になりました。
    実は置こうと思っていた場所が、奥行きが少し足りないことが判明。扉があるせいなので、旦那と話して扉を外すか決めたいと思います。
    mikomomaさんのお使いの機種が、Amazonで最初に目を付けていたモノでちょっとうれしかった。
    ありがとうございましたm(__)m

  • 2015/12/13 (Sun) 12:10
    mikomona #- - URL
    はるのおかんさん、こんにちは。

    はるのおかんさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいませんでした。

    私のところで良かったら、いつでも思った事を書いてください。
    気の利いたお返事は返せませんが…。

    私もとてもブログに書けないようなどす黒いものを抱えてますが、
    書いてしまうと、それに影響されてさらに気分が悪くなる性格なので
    とっとと忘れることにしています。

    お母様の手作りリース、素敵ですね。
    今年はお部屋に飾って楽しめるとよいですね。

    うちの母もいろいろ作ってご丁寧に額に入れて飾ってましたがどれも下手で…
    思い出す度にくすっと笑ってしまいます。


    訪問介護のお仕事をしてくださる方には本当にいつもいつも頭が下がります。
    陰になり日向になり支えてくださる皆さんがいなかったら、在宅介護は成り立ちません。
    でも辛いお仕事ですよね。
    様々な利用者さんのお宅を一日に何軒も訪問するのですもの。

    うちの主人も最初はヘルパーさんとの関係がうまくいかず、
    迷惑のかけどおしでした。
    最初は訪問介護がどんなものか、説明しても理解できないのですから仕方ありませんが…。
    利用者さんもご家族も『上手な介護の受け方』が分かるまで時間がかかるんですよね。
    もちろん、時間をかけても分からない方もいるでしょうし。


    主治医のU先生も言ってますが『美味しいものは口から、美味しくないものは胃ろうから』という考え方もありですよね。
    そして結局は『肺炎を発症した時の責任を誰が取るか』これに尽きます。
    どんなに頑張っても、誤嚥のリスクは常にあるのですから。

    市販のとろみ剤は確かにまずいので、もしお好きならゼリーにしてみてはどうでしょう。
    ゼラチンでお茶や飲み物を固めて水分補給も兼ねて召し上がっていただきます。
    ご存知でしょうが、嚥下障害に寒天はダメです。体温で溶けるゼラチンを使ってください。
    うちは夏場はアガーを使いますが、必ずゆるめに固めます。(寒天が入ってますので)
    夏はしそジュースゼリーが大活躍でした。


    食物は繊維を断つように薄く切るのがコツです。
    野菜だけでなく、肉にも魚にも繊維があるので方向をよく見て切ります。
    肉・魚は油と一緒に食べると飲み込みやすい気がします。
    うちは片栗粉で揚げ焼きにして、あんかけ&大根おろしをのせて食べます。

    鶏のつくねはかなり滑らかに潰さないと、結構むせます。
    お勧めは玉ねぎをすりおろして汁ごと加える肉団子です。甘くて柔らかいですよ!

  • 2015/12/15 (Tue) 09:02
    mikomona #- - URL
    lai さん、こんにちは。

    lai さん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    一昨日書きかけのお返事をうっかり消してしまい、そのままになってしまいました。すいません。


    『オーブンは思ったよりも大きく、ケーキは思ったより小さい』(鬼嫁の格言)
    ので、私も場所を作るのに四苦八苦しました。
    機種によって排熱する場所も違いますしね。
    うちのオーブンは上面が少し熱くなりますが、トースターを乗せて使っても大丈夫です。
    いや、乗せちゃいけないですね(笑)

    気に入ったオーブンでいろいろ作って楽しんでくださいね♪

    ちなみに、今使っている『RE-S31F-S』は奥のほうが強く焼き目がつきます。

    最初はできるだけうちにある道具で焼いてみて、
    パン焼きに慣れて、もっと上手に焼きたいと欲が出てきたら(出てきますよ笑)
    いろんな道具を揃えていくと楽しいですよ。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する