まったりな土曜日の夕食

12月に入っても、ゆ~っくりま~ったり過ごした土曜日の夕食です。
大掃除?…えっ?←おい

鯛のお刺身、ナメタガレイの煮付け、蒸し鍋、千切りキャベツとトマト、ご飯


ナメタガレイはすごくおいしいんですが、すごく高いので我が家では一年に一度食べられるかどうかです。
今日はお魚屋さんでひときわ輝いていたのでつい買ってしまいました。

うちでは魚の煮付けは、必ず野菜を入れてつくります。魚と野菜のおいしいだしがお互いにしみておいしいんです。
今日は長ねぎとかぶ。
以前はちゃんと計量して煮汁を作ってましたが、今は面倒くさいので全部目分量です。
鍋に昆布だしを入れ、日本酒と醤油をお玉に一杯ずつ、砂糖(ラカント)をちょい多めに入れて火をつけます。
沸いてきたらねぎを鍋底に並べ、洗って表面のぬめりを取ったかれいを乗せます。
かぶをかれいの周囲に入れ、落し蓋をして(うちではキッチンペーパーで代用)煮汁をかけて蓋をします。
煮物は、料亭で頂くような繊細で完璧な味を目指すなら別ですが、
家ではグツグツ沸騰させなければ、そんなに失敗しない気がします。
5分たったらかぶの茎を入れます。さらに蓋をしてふつふつと10分煮たら、味を見てお醤油を少々回しかけます。
煮汁はちょっと濃いかな?でちょうど良いと思います。
もう一度静かに沸騰させたら火を止めて、しばらくおいて味をなじませます。


蒸し鍋は、本当に簡単に作れるあったかおかず。
鍋に水を1~2cm入れて、その上にオーブンペーパーを大きめに切って器にします。中に水が入らないようにしてください。
ここへ適当に切った野菜やお肉、魚、ソーセージ、お豆腐など好みの具を入れて15~20分ぐらい蒸せばできあがり。
具材は固いものから順に入れます。
人参など火が入りにくいものは薄く切るのがコツです。
味付けも、かき混ぜる手間も全然いりません。
お湯が無くならないように時々確認しながら蒸しましょう。
うちはいつも無水鍋でやりますが、厚手の鍋や深めのテフロンのフライパンでも大丈夫です。
今日はじゃがいもと玉ねぎを最初に蒸し始め、その上からえのきだけとセロリの葉っぱをのせてさらに蒸します。
最後に豚肉の薄切りを適当に切って、塩をちょい強めにまぶしたものを乗せて5分蒸せばできあがり。
あ、お肉に小麦粉をまぶすと固くならずおいしいですよ。
自家製ポン酢にゴマ油を少々加えただけの、お手軽たれで食べました。
私はこれが毎日続いてもいいぐらい、手抜きの割においしいおかずです。

あ~、おいしかった!
ごちそうさまでした♪
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/12/19 (Sat) 23:13
    らびから #qbIq4rIg - URL

    mikomonaさんのお料理は、ホントいつもご主人を思いやった優しい味のお料理ですね。参考になります。
    我が家は、主人が肉より魚派なので、煮魚をはじめとした魚料理は多い方だと思います。
    でも煮魚と野菜を共に煮たことはほとんどないです。
    母は煮魚を作った後に、その煮汁でおからを作っていました。
    おからは主人があまり好きではないので作ることはありませんが、魚の煮汁を見ると思います。
    野菜といえば、今年は暖かいので、漬け物が美味しくなりません。
    白菜の樽漬けしていますが、冷え込まないと味が悪くなってしまいます。
    ここらでは漬け物を塩抜きして炒めて卵でとじる、漬け物ステーキという冬の料理がありますよ。

  • 2015/12/20 (Sun) 09:41
    mikomona #- - URL
    Re: タイトルなし

    らびからさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます!

    漬物ステーキ!すごいネーミングですね!
    初めて聞きました~~。卵でとじるんですね、塩気がマイルドになって美味しそうです。

    ニュースで暖冬で白菜など鍋用の野菜が売れないと言ってましたが、
    漬物の味にも影響あるんですね。←自分では漬けないので知りませんでした。

    そういえば実家の母が毎年樽3つ(白菜、大根、ニシン漬け)を漬けてましたっけ。
    当時はせいぜい大根を洗うのを手伝うぐらいで、母の味を受け継ごうとか全く考えてませんでした。
    もったいなかったな~。
    真冬に暗い物置から取ってきた、半分凍った漬物は確かにおいしかったですね。

    私が煮魚に野菜を入れるのは、煮汁がもったいないからです(笑)けちくさ~~。
    魚のコラーゲンが溶け出してますからね、残さず食べないと!
    かぶは若い頃はあんまり好んで食べませんでしたが、こうやって煮汁を含ませるとおいしいですね。

    煮汁でおからっていうのもアイデアですね。
    そういう主婦の生活から編み出した知恵は本当に参考になります。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する