わらじハンバーグの夕食

ビーフシチューの翌日はビーフハンバーグ。珍しく肉々しいメニューが続きました。

神内あか牛100%のハンバーグ、サラダ、ご飯、ぬか漬け。

食後にりんごとチーズを用意してあったんですが、眠くて眠くて食べられませんでした。


『神内和牛あか』を生産している神内ファーム21という会社は北海道の於札内(おさつない)というところにあり、私が育った土地から20kmぐらい離れた場所です。
牛肉だけでなく、なんとマンゴーも作っているらしい。北海道で冬にマンゴー!
いやほんと、頑張ってるなぁ。

牛肉は品質もそうですが、ブランド名で価格が左右されるそうで、
そういう意味では、あか牛は価格の割においしいお肉だと思うので年末ぐらい奮発して…
挽肉と切り落としを買いました!(笑)
すいませんほんと…。

挽肉250g×2で1,296円、100グラム約260円です。
ちなみに、地元のスーパーで黒毛和牛の挽肉が100グラム287円でした。

250g全部使って、ハンバーグを作りました。

でーん♪
DSCN269701.jpg
※白く見えてるのは小麦粉です
焼きはじめから脂がどんどん出てきてじゅうじゅういってます。

材料は挽肉、塩、卵、たまねぎ、パン粉、コショウといたって普通ですが、
たまねぎはすり下ろして汁ごと加えます。なめらかで柔らかい、飲み込みやすいハンバーグになります。
あ、あと卵は卵黄だけ使った方が柔らかく仕上がります。

初めて作った頃は真っ黒に焦げた、しかし中は生焼けの悲惨なハンバーグを量産しましたが、
少しは進歩した…と思いたいです。
DSCN269702.jpg
ちなみに、生焼けではありませんでした。

昨日のビーフシチューの残りとハンバーグを焼いた時に出た脂を少々、煮詰めてソースにしました。
主人のお皿に合わせて成形したんで、あんまりハンバーグに見えない…。
DSCN269704.jpg
上に刻んだクレソンをのせてみましたが、香りが乏しくてがっかり。
確かにパッケージには『マイルドなクレソン』と書いてありましたが…。これじゃなぁ~~。

あか牛は脂肪が少ないので、ハンバーグもあっさり柔らかです。
大きいかな?と思ったんですがぺろっと食べられました。


いつもの野菜のサラダ。一番下にキャベツがどっさり隠れてます。
DSCN269705.jpg
今日の千切りキャベツは、塩とオリーブオイル、すだち果汁で簡単コールスローにしました。
たくさん食べられて嬉しいですね。


そして鬼嫁はこっそりワインを飲みました(ビーフシチューに使ったやつの残り)
酔っ払ったけどおいしかった…。
とても飲みきれないので、どうやって消費しようか考え中です。ワインゼリーなんかどうかな?


スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する