ボトックス(ボツリヌス療法)を受けてみて感じたこと

ボトックス注射は、ボツリヌス毒素を生食に溶かした溶液を緩ませたい筋肉部分に注射します。
主人が打ってもらったのは以下の筋肉です。全部で5本打ちました。

※筋肉の名前は正しいですが、位置が間違ってたらごめんなさい

肘の曲げ伸ばしに関わる筋肉
 上腕二頭筋
 上腕筋
DSCN269401.jpg

手首と手を動かす筋肉
 橈側手根屈筋
前腕をひねる筋肉
 円回内筋
DSCN269402.jpg

注射の前に先生はエコーで筋肉の様子を確認してくれました。
「ふむ、やはりここは関節の動きが固いですね」
しばらくエコーを確認した後
「では打ちましょう」

注射自体は非常に早かったです。
そうか、静注じゃないからか(いつも血管を探すのが大変なんですよね)。
ボトックス注射の針は細いので、痛みもあまりないそうです。
(もちろん針を刺す訳ですから無痛ではありませんよ)
ただ、目指す筋肉が多いほど注射の回数も増えます。
腕より首や顔の方が筋肉も神経も多く、細かく分かれてますからね。


「では、年明けもう一度受診してください。結果をみて、今後のことを決めましょう」

うっ、また通院か…。まぁ当然ですよね。うーむ。

つまり都合3回受診することになるんですね。
1回目 ボトックス注射の適用になるかどうかを診断 OKなら薬を発注
2回目 接種
3回目 効果が出たか、異常がないかを診断 今後の接種スケジュールを決める


しかしありがたいのはこの病院、全然混雑してないのです。
この地域の拠点病院で、診療は全て予約制なのもあるんでしょうかね。
それともオペレーションが優れているのかな?
介護タクシーの運転手さんが言うには1~2時間待つ事もあるそうですから
単に運が良かったのか?

今回も40分で全て終わって、病院の外にいました。

これなら年明けの診療も早く終わるかも。
そうしたらそのままデイサービスへ行ってもらえば、私は仕事できるかな。

ボトックス注射の効果は2日~一週間ぐらいで出てくるそうですが、
主人の場合、打ってすぐに肘が柔らかくなり始め、夜にはこれぐらい伸びるようになりました。
DSCN270801.jpg
※写真は接種後3日たってます 初日とあまり変化はないです

接種前
DSCN268304.jpg


車いす上ではこんな感じ。
DSCN270203.jpg

DSCN270204.jpg

手指を曲げ伸ばしする筋肉には打ってないので固いままですが
「まだストレッチで動くので、打たなくていいでしょう」
とのことでした。


今のところ目立った副作用は出ていませんが、今まで固かった部分が急に緩むことで
全身のバランスが崩れ、移乗の動作や車椅子上の姿勢がぐにゃんとして困りましたが、
2日後のPTリハでは概ね順調に歩行訓練が行えるまで回復しました。

着替えの時の痛みもなくなり、これは本当にありがたいと思います。

「緩んでいる間にしっかりストレッチして、拘縮が進まないように気をつけましょう」
とU先生からアドバイス頂いたのでせっせと曲げ伸ばししています。

できればもうボトックス注射を受けなくてもいいようになれれば良いのですが、
一度拘縮までいってしまうと二度と伸ばすことができないので、
専門の先生に接種のタイミングをきちんと見定めて頂き、適切に治療を受けられれば良いと思ってます。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する