今年のパンの焼き納めと、ごあいさつ

旅行の時以外、毎週焼き続けたパンも今年はこれでおしまい。

代わり映えしないパンですが、
ずっと同じパンを同じように焼くというのは、案外面倒で大変なこともあります。

特に私のような飽きっぽい料理下手な人間、一人暮らししてる時は『マツコ飯』(ご飯3合に生卵5個と岩海苔の佃煮を混ぜて炊飯器のまましゃもじで食べるひとりごはん)でも平気だった私のような人間が、
毎日欠かさず何かしら料理をし、毎週パンを焼くんですから、人間変われば変わるもんですね。

多分、主人が病気にならなければ手料理の楽しみを味わう機会はこんなになかったと思います。
「大きな損には小さな得がつきものさ」
と『大草原の小さな家』のとうさんが言ってましたが、まさしくその通りです。

肉や砂糖、脂を一切絶ったり、特定の食材を毎日大量に食べるような健康的な食生活は我が家ではとても無理ですが、
『季節の食材を中心に、いろんな食物をまんべんなく食べる』
ということをいつも気をつけています。

いろんな…にはスナック菓子やコンビニ飯も入ってますけどね(笑)

主人の嚥下障害をみてきたせいでしょうか。
『あれは食べない』『これしか食べない』という食生活には全く憧れません。
きっと食べたくても食べられない期間が約10ヶ月と長かったせいでしょう。

その後も、来る日も来る日も毎朝ダノンヨーグルトを1個、
3~4ヶ月も続けたでしょうか。
誤嚥性肺炎の恐怖を感じつつ、少しずつ飲み込む力を回復させてきました。

一度失った能力を回復させるのは、しかも素人が1人で取り組むなんて、本当に大変なんだと痛感する日々でした。

だから、もっともっといろんなものを食べさせてやりたいと思ってしまうのです。
それは必ずしも高価なものでも、希少なものでもなく、
ちょっとした工夫や一手間で食卓が少し豊かになるような一皿です。
(前回の記事に書いた柚子味噌のようなものです)

今年、主人が食べられるようになったものは
ブロッコリー、米飯(おかゆではない白米)などツブツブが多いものでした。
特にご飯が食べられるようになって、食事の幅がぐんと広がりました。

また、今まで経管栄養しかできなかったデイサービスでも、おやつを食べられるようになりました。
来年はお昼ごはんを食べるのが目標です。

そうそう、水分も休日は一日5~600mlぐらい自力でお茶を飲んでます。

胃ろうからは、お薬と一緒に300ml水分を摂るだけなんですよ。
これさえ口から飲めるようになれば、胃ろうを抜去する事も可能なんです。
(まぁそれはそれでリスクがあるので、あくまで可能という話ですが)

そう考えると、すごい回復だね、お父さん。
皆さんに支えてもらって、本当にありがたいね。





こちらは主人用のパン。水分は牛乳なのでふんわりやわらかです。
DSCN271202.jpg

二次発酵もちょうど良かったですね。
DSCN271201.jpg


私の小山食パン。
ま、こちらもあいも変わらず…とうことで。
DSCN271203.jpg

DSCN271204.jpg

DSCN271205.jpg

大変良く出来ました(自己満足)

薄くスライスしてから冷蔵庫に保存しますが、その前に端っこを一枚、味見も兼ねて食べることにしています。
やっぱり焼きたてはおいしーい♪
主人も欲しいと手を伸ばしてきたので柔らかそうなところをちぎってあげました。
うん、おいしいね♪


来年も、もっともっとおいしいパンがたくさん焼けますように…。
って誰に祈れば良いのかしら(笑)パンの神様??


最後になりましたが、今年一年も私の拙いブログをご訪問頂きまして、ありがとうございました。
ブログを通して得た皆様との大切な絆は、例え今後やむを得ない事情で更新できなくなっても決して忘れることはありません。
(更新をサボる言い訳じゃないんですよ)

ただ来年は仕事がより一層忙しくなる予定で、
いつもピンチの時に助けてくれた弟も、新しい職場になり自分の時間も思うようにならないようで、
これまで以上に大変な在宅介護になると覚悟しています。
なので、もし更新がゆるやかになったとしてもどうぞ心配せず
ぬる~~~く見守ってやってください。


ではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/12/30 (Wed) 17:29
    らびから #qbIq4rIg - URL

    mikomonaさん、一年ありがとうございました。
    私はmikomonaさんのブログを見て紫蘇ジュースを作りましたので、mikomonaさんから手作りの刺激をたくさん受けています。
    来年も作った報告を楽しみにしています。
    私は、来年梅干しとキムチに挑戦します。
    簡単柚子味噌は、このお正月休みに作ってみます。
    良いお年をお迎えください。

  • 2015/12/31 (Thu) 10:08
    mikomona #- - URL
    らびから さん、コメントありがとうございます

    らびから さん、コメントありがとうございます♪

    こちらこそ、本当にありがとうございました。
    自分が作ったものが、こうしていろんな方の目に触れ少しでもお役に立てたなら
    これ以上の喜びはありません。


    梅干しにキムチですか!自家製のお漬物は作るのも食べるのも楽しいですね。
    私も来年は会社の同僚と梅を共同購入して、また梅干しやシロップを作る予定です。
    手作りは一度はまるとやめられないですね!

    らびからさん、そしてご家族の皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

  • 2015/12/31 (Thu) 14:05
    癌ダム4G #- - URL

    僕は「胃瘻ではなく「経鼻流動食」でしたが
    エンシュアだけで、1年以上過ごした経験があります。
    現在は、主に嚥下障害に対応した食事について書いていますが
    ご主人さまが、もう少し良くなったら
    参考になる部分は、役立ててくださいね。

    お互い頑張りましょう。
    良いお年を。

  • 2016/01/01 (Fri) 10:18
    mikomona #- - URL
    癌ダム4G さん、コメントありがとうございます

    癌ダム4G さん、コメントありがとうございます。
    そして明けましておめでとうございます。

    関東は快晴の穏やかなお正月ですが、そちらはいかがですか。

    うちの主人も2010年の9月から2011年の4月まで経鼻経管でした。
    喉にずっと管が入ってるのはとても不快だったと思います。

    癌ダム4G さんはそのようなことはなかったでしょうが、
    認知機能に問題がある方は自己抜去を防止するために拘束ミトンをはめられますね。
    (おにぎりくんってやつです)
    まぁ実際3回ほど抜去しましたから、仕方ないのですが
    あれは本当に見ていて辛かったです。

    嚥下食は、初期の頃はムースやミキサー食で皆さんほとんど同じなのですが
    そこから食上げしていく過程は個人差が大きいので詳しく紹介されているサイトは少ないです。
    癌ダム4G さんのお食事はいつ見てもおいしそうで、
    嚥下食というだけでなく、参考にさせて頂いてます。
    やっぱり食事は見た目も大事ですよね。

    今年もたくさんおいしいものを楽しめる年にしたいですね。
    どうぞ良いお正月をお過ごしください。




コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する