風邪っぴきでした

私も主人も風邪をひいてました。

主な症状は鼻水と喉のイガイガで、発熱や関節痛など寝込むようなことはないんですが
徐々に体力が奪われてく感じでした。

鼻水も、黄色いドロッとした(感染している証拠)ものが起き抜けや食後に出る程度で
一日中ティッシュが手放せないほどではありません。

成人の日の連休あたりから徐々に症状が強くなってきて、先週末がピーク、
だんだん楽になってきてます。
薬は飲まず、熱もないので普通に会社、デイサービスへ通ってます。(マスクは必携)

急に寒くなったのでヤバイなとは思っていたんですけど、防ぎきれませんでした。

主人は嚥下機能が相当に回復したおかげで、上手に排痰できてるらしく
吸引の必要もなく、SP(酸素飽和度)も問題ありません。

ありがたや、ありがたや。

一方の私は副鼻腔炎っぽい頭痛や頬の腫れもあってだるく、嫌な感じでした。:
夕食が済んだら
「あ~眠いわ~~」より
「とにかく横になりたい」という感じ。

主人を車いすに放置してストーブの前で雑魚寝してました…。

それでも気合をいれた先週木曜の夕食
だいぶ調子が良くなったので、頑張って作りました。

衣笠丼(揚げとねぎの卵とじ丼)、ぶりの刺身、味噌汁、千切りキャベツとトマト、里芋の煮物
DSCN285004.jpg

週末はふろふき大根を煮て、餃子を包み(全部冷凍)、延ばし延ばしにしていた橙を絞って果汁を取りました。
(体調が万全でないので、写真を撮る余裕がなくてすいません)
さっそく炭酸で割って飲みましたが酸っぱくておいしかったです!
主人にはだいぶ甘くしたのを小さなコップに入れて出したんですけど、2~3口飲んで「もういい…」だそうです(笑)

そうそう、ふろふき大根を作る時、大根を下茹でしますよね。
その時お米を入れて煮ると甘くなっておいしいんですが、そのお米(ご飯になってます)を捨てずに
翌日ベランダの手すりに乗っけておいたら、さっそくすずめやヒヨドリが代わりばんこに来てついばんでいきました。
この子たちはマンリョウや金柑の実を食べに来るので、すぐに気づいたんでしょうね。
実の方もほとんど完売御礼状態です。

丸々と太った寒すずめが2羽3羽と並んでご飯をつついてるのを見るのは可愛いものです。
ヒヨドリも、うちに来るのは割とおとなしくて(実をつつきにくるんですから当然か)
朝方何か気配を感じるな~と思ったら、後で実の食べかすとフンが落ちてるので気づくんです(笑)

フンには見たこともない種が混ざっていて、こうやってあちこちにフンをして新しい生命が芽吹くんだろうな~と
自然の営みの奥深さに気付かされます。
人間にとって不愉快だからと、一方的に駆除するのはある程度仕方ないかもしれませんが、
実はこうした、目に見えない部分で自然のサイクルの一端を担っている生き物がいることを
忘れない人間でありたい…。と思います。
(そしていまだクサギカメムシを駆除できない鬼嫁…)

野鳥のエサやり、毎日やると近所迷惑でしょうが、たま~に許して頂きましょう。
(実は勝手に食べていきますが、ご飯は超特別なごちそうで滅多にやりません)


この鳥たちのように、氷点下でも元気に頑張らないとね!(無理です)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する