経験を活かしたい

これまで3匹の猫を看取ってきた経験を無駄にしてはいけないな、と頭では分かっていても
今回、病院に連れて行くべきかどうかはかなり悩みました。

結論は、行って良かったです。もちろん。

猫が1~2日食べなくてじっとしている事は珍しくないので、
ついつい躊躇してしまうのですよね…。

でも、ここで素人判断は良くない!とすぐに病院へ行って血液検査をしてもらったことで
早いうちに腎不全に気づいたんだと思います。

昨年、便秘で受診した時にも血液検査をしてもらいましたが、その時は異常がなかったんですよね。



さっそく今日、試しに腎不全の処方食を食べさせてみたら、少しですが食べてくれました。
良かった!

腎不全になると血液中に毒素が十分に排泄されないため、だるさや吐き気を感じて食べられなくなります。
初期症状の一つが食欲不振、食の好みが変わる、です。

そういえばこたろう猫も、ある日突然大好きなご飯を食べなくなって初めて異常に気づいたのでした。

腎不全の猫が食事を摂れないと、ますます悪化する悪循環に陥ります。
なので『処方食でなくても構わない、何でも食べられるものを食べさせてください』と獣医さんは言います。
でもなるは今まで食べていたご飯はもう全然食べませんし、どうせなら処方食の方が良いに決まってます!

ただし一種類の処方食では飽きるので、日替わりでいろいろ食べさせていく予定です。

なる猫は成猫になってからは布団の上で寝ても、布団に入って来ることは全くなかったのですが、
獣医さんから帰った夜は、もぞもぞと布団にもぐりこみ、私の背中にくっつくように寝てました。
『私にはあなただけが頼り』
と訴えられているようで、嬉しくもあり、悲しくもあり…。



まぁとにかく、今日は食べられて良かった。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する