お豆腐スコーンを作ってみました

日本でスコーンというと、私なんかスタバのチョコチャンクスコーンしか思い浮かばないのですが

BBC Foodによると
『最も簡単な(イギリス風)お茶うけ』であり、
『バターとおいしいジャム、あればクロテッドクリーム(バターに似た濃いクリーム)と一緒に食べるべし』と紹介されています。
材料は、粉・ベーキングパウダー・バター・砂糖・塩・牛乳・卵ととてもシンプル。

だけどバターが入ったレシピはどうも敬遠しがちなんです。
年をとって脂肪分解能力がてきめんに落ちてしまって…。

甘いお菓子も、以前ほどたくさん食べられなくなりました。
すぐお腹いっぱいになるし、無理に食べると胃もたれするんですよね。
でもやっぱり食べたいな~~。

という時に豆腐スコーンです。
バターのこくはありませんが、お腹に優しく食べられます。
微かに豆腐の匂いはしますが、私は気になりません。
考えた人すごいな~~。

ま、イギリスの人がこれを食べてスコーンと認めるかは知りませんが…。
いいんです。私は日本人ですから。(開き直り)


レシピはいろいろありまして、
今回は粉と豆腐がだいたい1:1で、油も卵も入らない、甘さ控えめのものを参考にして作りました。
あ、あと豆腐を水切りするレシピも除外しました。(面倒くさがりなんで)


一回目…。
使いかけのまま放置していた白ごまを混ぜてみました。
DSCN301301.jpg
見た目はスコーンぽいけど、焼きすぎて歯がたたない(笑)
でも中身はふわさくで、結構おいしかったです。

焼きたては豆腐の香りがしますが、冷めると落ち着いてきます。

二回目…。
DSCN302802.jpg
ふと使いかけのフランスパン専用粉が箱のなかで忘れられていたのに気づき、薄力粉に3割ほど混ぜてみました。
たちまちパンっぽくなった!(笑)
食べてみるとふわっとしっとり、甘いパンみたいな食感になりました。
フランスパンっぽさは微塵も感じません。

三回目…。
DSCN303101.jpg
二回目の生地をちょっと変えて(フランスパン専用粉を2割に、砂糖を半分に)、
板チョコ(カカオ70%)を砕いて混ぜてみました。

おっ、スタバのチョコチャンクスコーンに似てる?いや、似てないか。
カロリーは、1切れ75kcal(概算)と控えめです。
ちなみにスタバのチョコチャンクスコーンは1切れ400kcalオーバーですって。うえええ。

で、このチョコ入り豆腐スコーンのお味は…
スコーン…??(笑)
厚焼きのビスケット…でもない。
菓子パン…でもない。

しいて言えばやっぱりスコーンかも…???

不思議な食物ができましたが、これはこれでおいしく頂きました。
豆腐が入ると、外がザクザクでも中はしっとり軽く焼けるようです。


会社の同僚に半分押し付けたら
「豆腐は全然分からない。あっさりしてて和風のお菓子みたい」
と言われました。
スコーン…ではなかったらしい(笑)

ま、いいさ。
DSCN303103.jpg

これは気に入ったので、私のおやつとしていろいろ作ってみたいと思います。


おまけ
先日のでこっぱち食パンのスライス写真
DSCN302801.jpg
いっちゃってますね~~~。風に吹かれてますね~~(笑)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する