お試しお昼ごはんと カメラ映りが悪い猫

最近さっぱり主人のことを書いてないですね。
まだちょっと鼻がグズグズしてますけど、とても元気に毎日ルーチンをこなしています。

今日は大型連休中で、私はおうち、主人はデイサービスの日です。

そして主人にとってはとても重要な日。
利用をはじめて5年、デイサービスAさんでやっとお昼ごはんを食べられるかもしれない!
のです。

2011年4月、胃ろうを造設してW医療センター回復期リハビリ病棟を退院した主人が
始めて介護保険サービスで通い始めたのがデイサービスAさん。
家でご飯を食べ始めたのが2011年の冬ですが、なかなか嚥下が安定せず
しっかり見守りできない場所ではとても『口からご飯』は進められなかったのです。

その後通所療養介護Cさんで昼食デビューを果たしましたが、
ここは小規模で、手が届く範囲にスタッフさんがいる状態で食事ができるんですよね。
Aさんは利用者さんが多いので、1テーブルに1名のスタッフさんがつくという訳には行きません。

一人で放置されても、問題なく食べられなければ難しいよなぁ…。

でも最近の主人、しょっちゅうむせますが、いろんな食材がOKになりました。
これで挑戦してダメなら仕方ないだろうと思えるレベルまで上がってきました。

そこで、連休中、私の見守りで一度お試しで食べてみようという事になったんです。

お昼ちょっと前にお伺いすると、主人は男性ばかり5名のテーブルでご飯を待っていました。
お向かいに座った方は主人と気が合うそうで、
明るくお話し好き(構音障害のせいで少し聞き取りにくかったですが)
近所にお住まいですし、嚥下障害があるのも同じという方でした。
主人もじ~~っと見つめています(笑)

食事の前の口腔体操も頑張って、やっとご飯がやってきました。
(けっこう難しい内容でびっくりしました)
DSC_012901.png

メインは鶏肉、それに春雨サラダ、ミートボール、野菜の煮物
それにご飯とお味噌汁という献立です。
食形態は『とろみ・粗刻み』だそうで、ご飯は固めのおかゆぐらいの柔らかさでした。

うう、待ちきれん!
DSC_012903.png

食べ始めるとどんどん手が進むので、やはり誰かがついて箸を止める必要がありましたし、
春雨サラダで一度大きくむせましたが、
同じテーブルの方が皆さん優しく、お向かいの方と同時にむせたりしてたので(汗)
あまり目立たずにすんだ…かな???
私は密かに『ムセトモ誕生!』と叫びました(失礼しました)

あと、途中他の方のお風呂でちょっとトラブルがあって
5分以上スタッフさんが誰もデイルームにいない状況があったのが心配かなぁ…。
むせて吐き出して、ドロドロになっても誰も助けてくれない…のはキツイなぁ…。

うーむ。

とりあえず明日、明後日とお試しを続けてみます。
メニュー表を頂いたので、NG食材を除いてもらうことにしました。
(イカやひじきの煮物は無理でしょう。あとビーフンもダメだろうなぁ)

本人はとっても嬉しそうな顔で帰ってきたので、
やっぱり皆さんと食事をするのは良い刺激になってるんですね。
お父さん、頑張れ、頑張れ!



おまけ
昼寝しながらなる猫と戯れました。

私の脇の下にお尻を突っ込んで寝るのがなる猫の定位置です(笑)
DSC_012908.png

お腹に乗せて、体重測定。うん、大丈夫だね。
DSC_012907.png

しかし、カメラ映りが悪い…。
DSC_012906.png

ぐみゃ~~
DSC_012904.png

なんか訴えてる?
DSC_012905.png

連休も(私は)家でゴロゴロしている間に終わりそうです。
いや、これが一番ありがたいですね。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する