ぬかっぴーの冒険 その3 

ぬかっぴー6日目

見た目は代わり映えしません…。

中には大根の葉っぱと皮が入ってます。
DSCN319002.png

葉っぱを食べてみると 最初に比べて塩気が減ってきたのを感じます。
そして待望の酸味が出てきた…かも?
少しずつ、菌が増えてるのかなぁ。

これだけ味があれば、次からは浅漬として食べられそうな気がしてきました。

それにしても、だれかぬかで漬物をつくろうと思ったんでしょうね~。
こんなおいしいものができるって、どうして分かったんだろう?



6日目の夕方
まだぬか床としては未完成だと思いますが
浅漬と思えば十分食べられるレベルになりましたので
きゅうり2本とセロリの茎を漬け込みました。
DSCN319201.png

7日目の朝に取り出せばちょうど良い塩加減になる…はず。
今度は人参を漬けてみようっと♪


7日目
朝、セロリをかじってみたら、まだ漬かってなかったので
お昼に出してみることにしました。

なんときゅうりは塩っ辛く、
セロリは全然漬かってなかったです!

言うまでもなく、セロリの皮は硬いですから漬かりにくいのでしょうが、
こんなに違うとは!

両方口に入れて噛むとちょうどよい塩加減です(笑)

そうなんだ、だから野菜は塩もみしてから漬けると早く漬かるっていうんですね。
じゃあ人参なんか2~3日入れておいてもいいんだろうか。

あ、ちなみにぬか漬けっぽさは微塵も感じません。
ただの浅漬でした。
(セロリはただの生でした)

今のところ漬かりやすさランキングは
葉っぱもの>きゅうり>セロリ(茎)
です。

うーん、奥が深いなぁ…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する