ぬかっぴーの冒険 その9 捨て漬け終了!

ぬかっぴー10日目

ふと、乾物を入れてある引き出しの奥に干し椎茸を見つけたので、
『風味が良くなる』『余分な水分を吸い取る』らしいので入れてみたら
ぬか床がすごく臭くなってしまってがっくりしている鬼嫁です。

腐敗ではなく、単に乾物の嫌な臭いが移った感じです…。
あーあ。

ちなみに慌てて取り出した干し椎茸を食べてみたら
(本当に水気を吸って戻ってました)
普通に干し椎茸のにおいと味しかしませんでした。
え~~、なんであんなにぬか床が臭いんだろう?

でも、ここで諦めるのはもったいない。
青菜やセロリでも漬けて様子を見ましょう。

さて、捨て漬けを続けて10日たったぬかっぴー。
ただしょっぱいだけだった野菜が、ちゃんと酸っぱくなりましたよ。
干椎茸の臭みはほとんど分からないです。ほっ。

ただ、八百屋のお母さんのぬか漬けのような旨みは乏しいです。
きっと長年かけて育てたぬか床にはいろんな菌や旨味成分が溶け込んでるんでしょうね。
新しいぬか床が熟成するのには数ヶ月~半年ぐらいかかるそうですから
ぬかっぴーはまだよちよち歩きというところでしょう。

そこまで分かっていて、市販の熟成したぬか床を買わないのは
ただの意地っ張りですね(汗)

でもこの酸味は、なんか酸を出す菌が(どの子かは分からない)増えたのですから、
まずは目標達成と思って良いのでは…。
ナムちゃんだといいなぁ。
※『Lb. namurensis』のこと。『Lb. acetotolerans』と共にぬか床が好きな乳酸菌。


もちろん、他にもぬか床に増えやすい乳酸菌はたくさんあります。
酪酸菌、酢酸菌かもしれません。
どれが増えてるかは全く分かりません。
猫菌…(以下自粛)かもしれませんしね(笑)

何はともあれ、これにて捨て漬けは終了。
かきまぜを1日2回から1日1回にして、もうしばらく菌のバランスが整ってくるまで
室温で管理しようと思います。

ちなみにぬか床が好きな温度は20℃前後だそうです。
普通のヨーグルトを作る乳酸菌(ビフィズス菌など)は40℃前後が好き、
同じヨーグルトでも、カスピ海ヨーグルトは25~30℃が好きです。
(だから春~秋は室温で作ることができます)

とりあえずぬかっぴーの話はこれまでにして、
後はとんでもない失敗でもしたらご報告しますね。きっとすぐにやらかしますよ…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する