ぬかっぴーの冒険 その13 試行錯誤も楽しい

昨日おいしくなったと喜んでいたぬかっぴーですが
一日で酸味復活しました(涙)

一体どの子(菌の種類)が増えたのか分かりませんが、随分元気な乳酸菌が住み着いたものです。
あれこれ気をもむ必要はなかったですね~~。

それにしても、何もないところから、野菜についてた、ほんの少し菌が増えて
ここまで酸っぱくなるんてすごいですね。
ほんと不思議!

既に熟成させたぬか床を買うのが、一番効率良くおいしいぬか漬けが楽しめるのは分かるんですが、
自分で一から起こしたぬか床は、最高においしい!
…ではなくても、妙に愛着を感じます。
今のところ、毎日のかき混ぜも苦になりません。
(まだ2週間ですが)

もちろん、いくら可愛いくても酸っぱすぎて食べられないぬか床はNGですから、
何か手を入れて旨みを増やす努力をしたほうが良さそうです。
そこでまず、乳酸菌(酸素があんまり好きじゃない)の勢力を弱めるべく
プラスチックの蓋ではなく、キッチンペーパーで蓋をして、一日おいてみました。
こうするとより空気に触れ、表面にいる酸素が大好きな酵母が増えてくるはず…。

水分も少し蒸発するかな?
DSCN323901.png

虫が入らないように、ぐるっとマステでくっつけておきました。


半日経過

うちはぬかっぴーを物置部屋のラックの隅に置いてるんですが、
窓を常に開けて換気しないとヤバかったです。
『お父さんの靴』の臭いではなく、香ばしい発酵臭なんですけどね。
それにしてもこんなに充満するとは…。

昔ながらの『ぬか床を床下に保管する』のは本当に理にかなっているなと納得。

まぁ常に新鮮な空気に触れている状況にはなってる…はずです。

卵の殻や辛子を入れるのはもちろん良い方法なのでしょうが、
素人としては、あれこれ入れすぎる方が危なっかしい気がするんですよね。

なので、添加物は最低限にしながら様子をみていこうと思ってます。


さて、一晩おいた野菜を出しました。
またきゅうりとみょうがが入ってます。
これ、本当においしいのです。やめられない止まらない状態。
DSCN324202.png



いつもの八百屋さんのぬか漬けは買わなくなったけど、
代わりに野菜をたくさん買うようになり、ぬか漬け大先輩のお母さんとの会話も増えました。
お店に寄るのが楽しいです♪

八百屋のお母さんのぬか漬けは本当においしく、彩りよく、おいしいんですよね。
定番のきゅうり、かぶ、大根、人参などの他に
パプリカ、長芋、セロリ、エリンギ、変わり種で新生姜や筍が入ってる時もあり、
すごく参考になります。

私も慣れてきたら、いろんな野菜を漬けてみたいですね。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する