てんとう虫だ~♪(虫嫌いな方は見ないでください!)

一度水切れして蕾が全滅したミニバラですが、復活してぽつりぽつりと花が咲き始めました。
ありがとう。ほんと強い子だね!
DSCN328102.jpg


さて、うちのベランダには毎年恐ろしいほどのアブラムシが大発生して困っていたのです。

管理が悪いと言われればそれまでなんですけど、ビオラにもワスレナグサにもセルバチコにも大発生。
猫が草を食べる可能性があるので、殺虫剤をかけるのは嫌なんですよね。

困ったなぁ。

と思っていたら、今年、とうとう、念願のてんとう虫が来て卵を産んでくれました。
やった~~!!!


そう、てんとう虫はアブラムシが大好物。
幼虫は1日20匹、成虫は100匹も食べてくれるんだそうですよ。


思えば、春先に一時的にアブラムシが激減した時があったんですけど
成虫が立ち寄ってくれてたんでしょうね。


で、5月の中旬に孵化した6~7匹の幼虫がせっせ、せっせとアブラムシを食べてくれました。
とはいえ、一度大発生したアブラムシの繁殖スピードたるや、半端なものではありません。


てんとう虫の食欲が勝つか、アブラムシの繁殖能力が勝つか。


毎朝手に汗握って観察していました。
嘘です。
私の方はミニバラに、次々と産み付けられるハバチの幼虫退治に追われておりました(涙)


そして6月に入って、そろそろてんとう虫の食欲が勝ってきたかな~と思っていたら…。
2日前から、1匹、また1匹と成虫へと姿を変えてきました。

成虫の方がたくさん食べてくれるけど、アブラムシは明らかに減ってきてます。
餌がなくなればそのうちどこかへ飛んで行ってしまうでしょう。
来年また卵産みに来てくれるといいなぁ~。
よろしくね!


…あ、でもてんとう虫が来るならアブラムシも育てて(?)おかないといかんのかな…。
なんかそれもそれでプレッシャーかも(笑)
まぁ放っといても勝手に大発生しますけどね。






一枚だけ写真をあげておくので、
虫が嫌いな方は見ないでくださいね。

多分、『ナミテントウ』という子だと思います。
『ナナホシテントウ』←アブラムシ食べてくれる良い子ちゃん
と『ニジュウホシテントウ』←こいつは葉っぱを食べちゃう困ったちゃん
ぐらいしか知らなかったんですけど、
『ナミテントウ』には赤いの黒いの、模様も様々なんですって。

ちなみに良い子ちゃんと困ったちゃんの見分け方は、
良い子ちゃん→背中がつるつる
困ったちゃん→背中に毛が生えてる
だそうです。



ではどうぞ。









幼虫と、今朝成虫になったばかりの子です。



それにしても、どうして成長の過程でこんなに見た目が変わっちゃうんでしょうね。面白いですね。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する