無加水でしそジュースを作りました

今年はもう赤しそが出まわってますね。早いなぁ~~。
過去記事を探してみたら、去年、一昨年とも6月下旬だったんですよ。

早く出回るということは、早く終わってしまうかもしれない!
で、さっそくしそジュースを作りました。

いつもは茎つき、時には根っこまでついてるワイルドなしそを買うのですが、
今回は葉っぱだけちぎってある便利なしそだったので、ちょっと作り方を変えて…。

まず、葉っぱを良く良く洗います。

自家製無農薬の紫蘇なら心配するのは土やほこりですが、
慣行栽培されている紫蘇には農薬が使われています。水を何度か変えて、丹念に洗います。
心配ならしばらく水につけておいても良いと思います。
完全に農薬を除去できる訳ではないので、気休めかもしれませんけど…。

ざるに受けて水気を切り、厚手の鍋に移して蓋をして弱火から加熱します。
DSCN329901.jpg

水は加えません。
そのうち、しそから水分が出てきますので、砂糖を加えてさらに加熱します。
DSCN329902.jpg
後で煮詰めて濃いシロップを作る場合は、ラカント(ノンカロリーシュガー)だと結晶化するかもしれませんので注意してください。



10分ほどかけて煮出したら、一度ざるで濾します。
そして鍋に戻して味見をして必要なら甘味を足します。
たっぷりの水で煮出すのと違い、すでに濃縮された味になってます。(つまり苦味が強い)
薄めて飲む事を考えて、甘味は多めで良いと思います。
最後に米酢を加えます。
そしてコーヒーフィルターで濾して、清潔な容器に保存します。

飲む時は、10倍ぐらいに希釈します。
水でも炭酸水でもお好みでどうぞ。


できた!
DSCN330101.jpg



試飲します!

……。

うん。普通のしそジュースでした。
普通においしかったです。(当たり前か)

こういう作り方でも作れるんだなぁ~。


さっそく主人にも、しそジュースでゼリーを作りました。
甘味に茶色いラカントを使ってるので、茶色くなっちゃうのがちょっと残念ですが、
まぁいいや。
DSCN329904.jpg
やっぱ良くない(笑) お茶みたい…。


大きな鍋を出してくる手間が省けますし、そんなに煮詰めなくても濃いジュースが作れるのはちょっと楽かな?
でも茎つきのしそで作るならやっぱり大きな鍋がいるでしょうね。

また作ろうっと。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する