黒糖梅シロップが完成しました

黒糖梅シロップを仕込んでほぼ2週間。

梅からエキスが出てシワシワしてきました。
容器を振るとコロコロ音がするほど固くなってます。
これでだいたい完成です。
DSCN334301.jpg

一番最初はこんな感じでした
DSCN330102.jpg

だんだん黒糖が溶けて
DSCN330801.jpg

10日ぐらいかけて全部溶けました。
DSCN331101.jpg

その後、底に溜まった黒糖のどろ~っとしたやつをかきまぜました。
DSCN332701.jpg
↑よく見ると容器の底に堆積してますね。

溜まった黒糖は固くて手が痛くなりましたけど、一度かき混ぜれば再沈殿することはありません。
※混ぜるのに使う道具は必ず消毒しましょう。手もよく洗っておきます。




黒糖と青梅だけで作ったシロップ。
濁らず、発酵もせず、カビも生えず、いい感じにできあがりました。

私は、梅シロップを作るときは
梅の重量の70%の砂糖を使います。
梅が500gなら黒糖は350gです(100%で作るレシピも多いですね)

黒糖は今回固まりを砕いて作りました。
仕込んでみると、粉末になっているものと全く同じでした。
大量の黒糖を砕くのは超大変なのですが、粉末は値段が高いので
来年は半分ずつにするとか工夫しようと思います。


あと2週間漬け込んだら梅を取り出します。(つまり1ヶ月ぐらい漬けておく)
容器4つ分あるので、改めて消毒した容器に滅菌ガーゼで漉しながらまとめて保存します。



ではさっそく試飲します。
DSCN334302.jpg
ごくっ。


おお~~~。


ちょっと薬みたい。
これこれ、この味懐かしい~~。


濃いので一気に飲めない味です。
あっもちろん、薄めて飲むのが正しいのですよ(汗)

では水で薄めて、氷も浮かべて飲んでみます。
DSCN334303.jpg
ごくごく…。


………。


あ、これですね、こうやって飲むとあんまりおいしくないんですよね。
(おいっ!)
見た目も茶色で地味だし。

味は、黒糖のコクと青梅の爽やかな酸味が
やっぱりちょっと薬みたい(笑)
体にやさしい味わいです。

ちなみに、飲むとお腹が動く感じがするので、便秘解消に効果がありそうです。


うちでは原液をヨーグルトにかけて毎日食べます。
私はこうやって食べるのが一番好き。
主人も、プレーンヨーグルトは好まないんですが、これをかけると良く食べてくれます。

梅シロップがない間はひたすらプレーン無糖ヨーグルトになので、余計に嬉しいのかも…(汗)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する