真田丸にはまりすぎ

今日は整形外科受診2回目でした。
予約不要で、来れる時に来てくださいというシステムなので、
私のような予定が立てにくい人間にはありがたいものの、
患者さんが多ければ当然待ち時間が長くなるわけで…。
連休前の金曜日は、案の定満員御礼でした。

仕方ないので、うたた寝しながら順番を待ち、右肩に電気や超音波を当ててもらい、マッサージを受けて帰ってきました。
ガッチガチの背中や骨盤をほぐしてもらって気持ちよかったです。
※肩はまだ炎症を起こしているので、あまり触らない方が良いそうです


そしてすっかり暗くなった帰り道、自転車で商店街を通っていると
『韓国家庭料理』

という看板を

『戦国家庭料理』

と読み間違えて、
えっ、それって汁かけ飯とかずんだ餅とか出る店ってこと?と一瞬考えて、
なんか『真田丸』にはまりすぎだなぁ~~と思わず笑ってしまいました。


大河ドラマを全話リアルタイムで視聴するのって随分久しぶりですね。
関ヶ原の戦いが終わり、来週から大坂の陣へ向けてお話が急展開します。


そして、実際は生前一度も『真田幸村』とは名乗らなかったとされる『真田信繁』が
真田丸では大阪の陣に参戦する際に自ら幸村と名乗るらしい…です。
真田幸村

幸村という名前は、信繁の死後60年もたってから呼ばれるようになったそうで、
あまりにも幸村が有名になりすぎて、死後200年近くたってから幕府から真偽を問われた真田家が
『当家では、『信繁』と把握している。『幸村』名は、彼が大坂入城後に名乗ったもの」』と答えたという逸話があるほどです。
Wikipediaより引用。

9ヶ月かけて『幸村』よりも『信繁』の方が定着してきたのに、ここで『幸村』に戻すとは…。
しかも史実ではない名前を名乗らせるとは、脚本の三谷幸喜さん、すごいな~~。


とはいえ、物語は最大のクライマックスである、大坂の陣の終結、すなわち信繁の死で終わる訳ですから
観たいような観たくないような…。複雑な気持ちですけど。

ちなみに私はお兄ちゃん派(大泉洋さん演じる真田信之)です。
毎回毎回板挟みになって苦労する信之の姿に
「頑張れお兄ちゃん!」と応援しながら観ています(笑)
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/09/18 (Sun) 06:45
    みのねこ #- - URL
    私もはまってます!

    右肩の具合はいかがですか?
    炎症…痛そうです(/_;)
    お大事になさってくださいね。

    真田丸‼私も毎週見ております!
    キャスト一人一人の演技も素晴らしいですね。

    私もお兄ちゃん派です(*^^*)

  • 2016/09/19 (Mon) 20:08
    mikomona #- - URL
    みのねこさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    肩の方は、痛むポイントが分かってるのでこれ以上悪化させないようにぼちぼちやっております。
    それより姿勢を治す方が難しいかも(汗)

    みのねこさんもお兄ちゃん派なんですね!嬉しい!
    最初は大泉洋が大河ドラマ??と思ってたんですが(失礼)
    『犬伏』では泣かされました…。

    他の役者さんも素晴らしくて、見ごたえありますね。
    直江状のシーンは永久保存版です(笑)

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する