秩父はもう秋の気配でした #3

前回の続きです

お部屋で少し休憩したら、夕食です。
ここの食事はお部屋ではなく、レストランで頂きます。

主人は周囲に人がいると気が散るのでちょっと不安だったのですが、
入り口のすぐ近く、他のお客さんから背を向けた席に座ることができました。

しかも嬉しいことに、以前と比べて随分集中して上手に食べられるようになってたんですよ。
きっとデイサービスAさんで、皆さんと同じテーブルでお昼を頂いてるのがすごく良いリハビリになったんだと思います。
ほとんどむせることもなくスムーズにご飯を食べられました。
やったね!!

前にも書きましたが、冷たい飲み物ならとろみをつけずに飲めるようになったのも、
旅先では特に嬉しいことです。
ホテルって、空気が乾燥してますから。


今回は季節のお勧めということで『松茸コース』を選びました。
まぁ…あれですよ、多分外国産の松茸だと思いました…なんで味より気分ですね。うん。
おいしい国産の松茸が食べたい方は、もっと高級な旅館の方が…げほげほっ。(お察しください)

松茸や衣かつぎを炙って食べられる焼き網、松茸ご飯、土瓶蒸しと、テーブルで加熱するお料理が3つもあって
熱々を食べられるのは嬉しい配慮だと思いました。
20160918030.png
あと、地元の名物料理という『みそポテト』と『玉こんにゃく』が取り放題で、
係の方が持ってきてくださったんですが、これはおいしかったです。

揚げ物はきのことしその天ぷらと、いちじくの揚げ出し。これ珍しいですよね。
ジューシーでおいしかったけど、何を食べてるのか全然わからなかったです!

汁物は『たぬき汁』で、ごま油で炒ったこんにゃくとごぼうが入ってましたが、どちらも柔らかく煮てあって主人もおいしく頂きました。
(逆にごぼうの歯ごたえを楽しみたい人には柔らかすぎるかも…)



また写真はないですが、朝食も同じレストランでビュッフェ形式のお食事が頂けます。
品数は十分なのでもうちょっと…げほげほっ…いえいえ、おいしく頂きましたよ。
個人的には深谷名物のネギを味噌で和えたのがすごくおいしかったです。





写真といえば全く料理の写真がないのも申し訳ないので、
ここは一つネタ写真を公開しましょう。


「ううっ…まずい!」
20160918018.png
一体どんなまずいものを食べさせられたかと思うようなひどい顔ですが…。


正体はこれ。
20160918019.png

ノンアルコールビールを飲みました。
しかもまずい顔しながらぐびぐび飲んでました。
20160918020.png

20160918021.png
















そしてこの顔です※サービスショット
20160918022.png

おいしいのかまずいのか分かんないけど、ほんと、良かったねぇ(笑)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する