主人はショートステイへ

今日から主人は市内の特養へ3泊4日のショートステイに出かけました。

もともと半期決算があり、10月始めは残業確定。
そのためのショートステイだったのですが、
ケアマネさんがカレンダーを見ながら
「それじゃ土曜から行ってもらって、奥さんは少し休んだらどうですか」
と言ってくれたのです。
まだ5月頃の話だったと思います。

その時は「うーん、どうしようかな」という感じで
あまり乗り気ではなかった鬼嫁ですが、
いざ日にちが近づいてみると、肩の痛みで整形外科に通うようになっており
一日でも肩を休ませる事ができるなら願ったり叶ったり!
ここはケアマネさんの先見の明に感謝しつつ、きっちり行ってもらいましょう。


…と思ったら、直前になって特養の担当者さんから
「2~3日前から施設内で風邪がはやり始めました。
 感染には注意しますが、ご了承ください」
と連絡が…。


うげげげげ。天候不順の影響がここにも出てるんですね。


とはいえ、やっぱり残業も肩の痛みもなくなる訳じゃありませんから、
「了解しました。よろしくお願いします」
としか答えられないのです。

だいぶ体力がついてますから、以前のように風邪=肺炎とはならないと思いますが、
やっぱり心配だな…。

一つ安心なのは、ここの特養は主人の往診医であるU先生のクリニックと提携しているので
急変しても同じ先生が診てくれること。

後は主人の体力と免疫力、そしてスタッフの方の的確な仕事ぶりに期待するしかありません。
元気で帰ってきてね!お父さん!



……と玄関で手を振って見送った訳ではなく…。
実はショートステイ先へ一緒に行ってきたんです。
(相談員さんから来て欲しいと頼まれた)
それで主人がお昼を食べて、口腔ケア、胃ろうから薬を注入するところまで確認してきました。
その間、頼まれてもいないのに近くの利用者さんのお話を聞いたり、ほんの少しお手伝いしたり、
うとうとし始めた主人を揺り起こしたり(笑)
さらに『真田丸』の再放送まできっちり見て帰ってきました。
(というか見始めたら席を立てなかった)

で、玄関まで来たらちょうどU先生とばったり会って
「あら先生、いらしてたんですね!」
「奥さん、今お帰りですか」
「はい」
「じゃあご主人の様子を少し見ていきましょうか。少し待って頂ければ車でお送りしますよ」
「あ、ありがとうございます!すいません…」
良かった、この特養、駅まで徒歩30分くらいかかるんですよね(汗)助かりました。

ずうずうしくも駅どころか家まで送ってもらった鬼嫁、
これから丸一日は何にもしないでのんびりまったり過ごす予定です。

どうか何も起こりませんように…!!
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/10/01 (Sat) 23:18
    アワキビ #Bo81TlEs - URL
    こんばんは

    ご主人の定期検査、再発もなく、現状で落ち着いているようで良かったですね。

    3泊4日のショートステイで、mikomonaさんが、ゆっくり、まったり、のんびり・・・できますように!

    また、ご主人も風邪など召しませんように。

  • 2016/10/02 (Sun) 12:11
    mikomona #- - URL
    アワキビさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。

    おかげさまで、昨晩は夕食も食べずにぐっすり寝ました。
    でもなる猫がベッドのど真ん中で寝てたので、寝違えで首が痛いです(笑)

    今日はお天気も良く、地元はあちこちの学校で運動会だそうです。
    平和が一番、そして健康がなによりですね。
    アワキビさんも旅のお疲れをいやして、また次のお出かけを楽しんでくださいね。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する