100均の食器はなかなか優秀です

先日、特養のショートステイを利用した時、食事内容にがっくりした話を書きましたが、
例えばこんな食器にしてもらえれば食べやすいのになぁ…というのをセリアで見つけてきたので買ってきました。
(ちょうど買い換えるタイミングだったので)
DSCN350201.png


何の変哲もない小鉢です。
DSCN350402.png

ポイントは
ある程度の重さと高さがあり、お盆の上で動かないこと
すり鉢状に口が広くなっているものより、まっすぐ立ち上がっている方が食べ物がこぼれにくいです。
内側に模様がついた器は、障害の状態によっては食べ物と見分けがつかず、延々と模様を箸でつついたりするので
極力無地の方が良いですね。
(ただし、白い器に白い食材も見えにくいので、薬味をのせるとか周囲を色の濃い食べ物で囲むなど工夫が必要)


高さが絶妙です。斜めからの視点でも食材が見えやすくて、煮物、サラダ、果物までいろんな食べ物に使えます。
DSCN350603.png
※車いすは座面高が普通の椅子より低い場合があり、
 小柄で背が丸くなった高齢者や身を乗り出す事が難しい体幹機能障害がある方は、
 テーブルの上の食べ物が十分に見えない可能性があります。


四角い小鉢は、四隅に食べ物を寄せると箸でつまみやすくなります。
DSCN350503.png
丸い鉢だと、ぐるぐる食べ物が回ってすくえない時があるんですよね~。


で、最近の主人の食形態はこんな感じ。

基本的に一口大に切ってるだけです。
DSCN352302.png
この日はめんどくさくて帰りが遅かったので巻き寿司と揚げ物、サラダを買ってきて
小松菜の煮浸し、トマト、ぬか漬けを出してご飯にしました。

ぬか漬けに、上記の四角い小鉢を使ってますよ。

お寿司以外は全部高さのある器に盛り付けました。
DSCN352301.png
トマトは湯飲み茶碗に入ってます。ちょっと取りにくいんですが、外にこぼれません。






ちなみに、あくまでイメージですが、とある施設の食事形態を紹介する写真で気になるのがこういうのです。
(この施設の経営方針や食事内容をどうこう言うつもりは全くありません)

通常食
p_sinnenkai2012(7).jpg

刻み食
p_sinnenkai2011(9).jpg

箸でつまむには小さすぎるので、スプーンを使うと思うんですけど…。


極刻み食
p_sinnenkai2012(9).jpg

ある程度想像がつきますが、多分食べてる間にぽろぽろこぼれたりすくう時に隣のトレイに滑って、
ごちゃごちゃに混ざっていくと思うんです。

こんなに丁寧に、おかず別に刻んであるのに…。
刻み食を食べる人は味覚がないと思っているのでしょうか?
それとも全くこぼさず、完璧にすくって食べられるという判断があるのでしょうか?

食形態が変わっているのに、なぜ同じ食器で提供するのか、私には理解できません。

…あ、誰かの食事介助が入ること前提なのでしょうかね。


あと、こういう形態の食事、とろみをつけずにただ刻んだだけの食事は
主人のような嚥下障害には絶対に向きません。
ポロポロのかけらが気管に飛び込んでいく危険が高いです。


さらにミキサー食
p_sinnenkai2012(10).jpg

………。
食べ物に見えない。おいしそうに見えない。
これを食べろというのは『善意の拷問』に感じてしまう鬼嫁…。

せめてこれぐらいは頑張って欲しい…。(施設なら)
pic_022016804.jpg
柔らかく調理した食材を刻んで、ゲル化剤で固め、さらにあんかけにしてます。
ゆるく固めてあるのですくいやすく、こぼれにくいですね。
黒っぽいおかずは、ミキサー食にするとすごい気持ち悪い色になるんですけど、
にんじんを隣に盛り付けて彩りを補っています。
上の肌色のは煮魚かな?これも緑の野菜をのせて、おいしく食べられるような気遣いを感じますね。


別の一例を。
家庭で毎食こういうのは難しいと思いますが、かなり食欲が出る形態ですね。私には作れないけど(涙)
engesyoku-01.jpg
ミキサー食をゲル化剤で固めて、型抜きしています。
主菜(魚?お肉?)には格子状に焼き目をいれてますね。手が込んでるな~~。


ただし↑食器が平らすぎだと思います。
写真用の盛り付けだから、かもしれませんね。
もう少し高さがあれば片手しか使えなくても自力でスプーンですくって食べられそうなので、
うちで出すならやっぱり小鉢に盛り付けると思います。

食べることが一番の楽しみという人ってたくさんいると思います。
それは障害者でも高齢者でも全く変わりありません。
だから妥協はしたくない。たとえ施設だろうと家庭だろうと…いつも考えてしまいます。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する