なんか出てる

  <前回>の続きです


明日レントゲンを撮りに行く事になった主人。
その夜、ベッドへ行って「痛い,痛い」と言いながら横になり、着替えをしました。

少し腰を浮かしてもらってズボンを脱ぎ、夜用のパンツとパジャマのズボンを半分はいて、
横向きになってから、縦半分に折ったTENAコンフォートを背中側から差し込んむように股を通します。
お尻をすっぽり包むようにTENAを広げ、パンツ(TENAがずれないようにするための専用パンツ)とパジャマを上まであげます。
ここでも『着患脱健』なので、右下向きの側臥位で左のお尻からあげて、今度は左下向きの側臥位になって右側をあげます。
最後に服のしわをならして仰臥位になります。

その途中、左下向きになった時に、ふっと気づきました。

右のお尻(痛みを訴えている側)の仙骨部、お尻の割れ目のちょっと右上なんですけど
骨らしきものがボコっと一つだけ出てます。



これか!!!
※U先生に見せるために写真をとりましたが、あまりにお見苦しいので公開はしません。



昨日までは痛くてほとんど横向きになれなかったので、気づかなかったんです。

ここが当たって痛むんだ。
多分骨が歪んでしまってるんだね。だから股関節が伸び縮みした時に無理な力がかかって痛むんだろう。


なるほど、こりゃ痛いわ。


翌朝、U先生のクリニックから送迎車を出してもらって(クリニック併設のデイケアがあるのです)
無事…というか大人4人で主人をレントゲン台に移して…検査してもらいました。

結果、骨折は認められませんでした。
レントゲン撮った後で、U先生に『ボコ』を診てもらいました。
「確かに骨ですね。ここは痛みますか?」
周囲を押しても反応はありません。
でも股関節を動かすと痛みが出ます。

「今は横向きになっているので、右によって見えますが、実際はもう少し身体の真ん中の骨ですね」
「なるほど」
「うーん…これが原因なのかもしれませんね…」
「可能性はありますよね」

結局、U先生はもう数日痛み止めで様子をみましょうと仰いましたが…。

実は鬼嫁、次の一手を打っていたのでした。



続きます。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する