おいおいおい

本日、デイサービスEさんから戻ってきた時の主人が、
まるで教科書にのるぐらいのすっごいずっこけ座りでした。

一目でヤバいと分かるほどのひどい座位です。
よく車いすからずり落ちなかったもんだ。



DSC_044902.png

典型的な仙骨座りですよ、これ試験に出ますからね。
DSC_044903.png


DSC_044904.png

これは別の日に私が整えた座位です。
DSC_041801.jpg
お出かけ前に外用の車いすへ移ったばかりの、一番整ってる状態の画像ですから単純に比較はできませんが、
でも、出先で↑あんなに崩れたまま放置はしませんよ…。


幸い股関節痛に悪影響はないようで、そこはほっとしました。



普通に座れる人に、この苦しみは分かるまい。
座位保持の基本すら理解していないレベルの介護職には、主人に触って欲しくない。


10数えて気持ちを落ち着かせながらつぶやく鬼嫁でした。


しかし。
利用をやめるのは簡単だけど、それでは主人の行き場所が減っていくばかりです。



ならば…。


やってやろうじゃないの。
(あ、怒鳴り込みに行くとかじゃないですよ、ご心配なく)
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/10/11 (Tue) 21:23
    だだ #- - URL
    No title

    残念なことに、これ、よくあります!
    帰ってきたとたんに
    「わあ!」
    って叫んじゃうことが。
    バスが揺れるせいでだんだんとズレてくることもあるのかもしれませんが、私が
    「ズレてます!」
    と指摘しても「え?」と首を傾げる始末。
    介護の講習ではあまり重視されないのでしょうか、私も習った記憶がないんです。でも、普通に見たら「車椅子から落ちそう」って分かると思うのですが。

    シッティングって難しいですね。病院やPTさんに相談しても、なかなかしっかりした答えが返ってこなかったりします…。

  • 2016/10/12 (Wed) 20:24
    mikomona #- - URL
    だださん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    ヘルパーさんに聞いたら、今日もずっこけ座りだったそうです(写真よりはマシだったとか)
    なんでだよ~~~(涙)
    でも、だださんのお母様もそうなんですね…。

    あんまりしつこく言うとモンスターなんちゃらになってしまうし、
    かといって、言葉で訴えることができない主人の代弁者は私しかいないし…。
    ほんと、モヤモヤしてます。
    皆さん一生懸命にやってくださってるんですけどね(多分…)

    ちょっとアイデアがあるので、うまくいったらブログで報告しますね。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する