スポーツの秋 『第19回バリアフリータートルマラソン大会』に参加してきました

最初に断っておきますが、マラソン大会といっても、私たちは走ってませんよ!
5kmのウォーキングに参加してきました。



朝早く起こされて、どこに連れて行かれるのか良く分かってない主人

(いっつもそうなんだよな)

正確には
第45回タートルマラソン国際大会 兼 第19回バリアフリータートルマラソン大会
というすごく長い名称です。

タートルマラソンというのは、タイムを競うのではなく、自分のペースで楽しく走るのが目的の大会で、
もちろん、自己タイム更新を目指してガチで走る方もいれば
次のマラソンのための足慣らしという方もいますし、
グループで参加される方、親子、友達同士で参加される方、
『新入社員は強制参加』という企業の方もいました(お疲れ様です)
それにかなり高齢では…というおばあさんも参加されてました。すごい!

またバリアフリーの部は、
本格的なレース用車いすでビュンビュン飛ばすかっこいい方もいれば、
伴走者と一緒に走る目や耳が不自由な方、
電動車いすで一人で走る方、
私たちのように普通の車いすで伴走者と一緒に走る方
(ご自分で漕ぐ方もたくさんいましたよ)
また、知的障害者の方もいます。

ようは、コースを完走することができれば,誰でも参加できるマラソン大会なのです。
※もちろん、ご自身の体調を考慮して中止・中断は全然OKです。絶対に無理しないことが大切ですね。
 ただ、参加申し込みする時には、皆さんもちろん完走・完歩を目指すと思います。


そのコースは、マラソン(ハーフ、10km)、そしてウォーキング(10km、5km)、親子ペアの1マイルウォーキングで
どれも一本道の河川敷の折り返しコースでした。
だいたい2~3時間以内にゴールすればOKです。
場所は荒川の河川敷、コースは全面舗装で概ねなだらかでした。

最寄り駅は北千住駅から徒歩10分ほどです。
駅前からたくさん人が歩いてるので迷う心配はないと思います。


ですがまぁ…。河川敷に上がるためにはスロープを上り下りする訳ですし、
DSC_046801.png
とにかく、ものっすごい混雑ぶりでした。

皆さん、走るのが好きなんですね!(初めて参加したのでただただビックリな鬼嫁)
DSC_046803.png


ど、どこがどうなってるの?


とりあえずバリアフリー部門の参加者が荷物を置けるテントを教えてもらいました。
DSC_046806.png
スタート地点の近くです。

障害者用のトイレもすぐ近くにあります。
DSC_046805.png
また救護テントも近いです。

一般の参加者は荷物の預かり場所がありますが、遠くて混雑もすごいので、ここに置かせてもらいました。
DSC_046807.png
もちろん貴重品は身につけて行きますよ。

私の貴重品(なくなると困るもの)は財布の他に保険証とか胃ろうのセットとか薬とか主人用にとろみをつけたお茶とかですが…。
(結局でかいリュックを背負ったまま歩きました)

9時頃現地に着いて、参加の手続き(ヘルスチェックシートを提出し、プログラムと参加賞をもらう)、
トイレへ行って、タイム計測用のタグやゼッケンをつけて、
バナナを食べながら、10時のマラソン参加者がスタートするのを見て…。

ウォーキングは10:30すぎにスタートでした。
そろそろ行こうか。
DSC_045406.png

スタートは健常者も障害者も一緒です。
DSC_045403.png


で、レース中の写真はすいません、一枚も撮る余裕がありませんでしたので…。


こんな画像で和んでください。
DSC_045404.png

赤とんぼに大人気だった主人の頭です(笑)
DSC_045405.png


約1時間で5kmを歩き終え、無事ゴール。


途中、暑くなって上着を脱いだり、
主人が折り返しのところでまだ先に行く!と大声を出したりしましたが(やめて!)
特に問題なくゴールできました。

この時、私が車いすを止めて「どうしたの?大丈夫?」と声をかけたら
走っていた方が「どうしました?大丈夫ですか?」とすかさず声をかけてくれました。
なんと『医師』というゼッケンをつけたお医者さんでした。
救護テントに待機しているのかと思いきや、一緒に走ってるなんてビックリ!
私は2名の『医師』ゼッケンの方を見かけましたが、
ランナーとして参加しているのかそれとも医師として参加しているのか…?
いずれにしても、本当にありがとうございました。心強かったです。



蒸しタオルで顔をふき、とろみをつけた温かい紅茶と、
主人は煮リンゴ、私はチーズをはさんだパンを食べて一休みです。

冷やしたオーエスワンも持参して1本飲みましたが、
やっぱり温かい飲み物があるとほっとしますね。
持って行ってよかったです。


で、後はタグを返して完走証・完歩証を受け取るだけですが
DSC_046804.png
すごーーーーい行列。しかも全然減りません。
後から後からランナーの皆さんが到着して大変な混雑ぶりです。


しかもこのあたりはぬかるみがひどく、車いすを押しながら行列に並ぶのは私にとって苦行でしかありません。
DSC_045407.png

というわけで、完歩証はあきらめて帰ることにしました。
DSC_045402.png
疲れたけど、良い経験になったね!



ちなみに、最初は電車で行こうと思っていたんですけど
肩の痛みが治らない状態で無理できないと判断し、タクシーを使いました。
あ~~全身筋肉痛より財布の方が痛い!!!

うちの近くでやってくれたら絶対参加するんだけどなぁ~~。

ちなみに、肩の方は事前にテーピングしていったので、思ったより楽でした。
主人の股関節もほとんど治ってきたようで、何よりでした。
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/10/17 (Mon) 00:22
    ルッコラ #- - URL
    No title

    わあ~なつかしい。もうタートルマラソンの季節なんですね。
    私はこのハーフに良く参加していました。
    参加者が多いから大変だったんじゃないですか。
    お疲れ様でした。

  • 2016/10/17 (Mon) 22:22
    mikomona #- - URL
    ルッコラさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    ルッコラさん、タートルマラソンを走られていたのですか!
    確かにものすごい混雑でしたね~。
    でもとても和やかな雰囲気で、楽しく歩けましたよ。
    主人もスタート時には声援に手を振ってノリノリでした(笑)

    次回は11月のジャパンウォークin tokyoに参加しようと思ってます♪

  • 2016/10/20 (Thu) 19:23
    たかさん #- - URL
    スポーツの秋

    お疲れ様でした。スポーツの秋満喫されましたね。
    私は10/9に第53回福岡タワー超ウルトラ階段上りに参加しました。
    (地上123mの最上階展望台目指して577段の非常階段をひたすらに上る)
    左麻痺の為、参加可能か尋ねた所、神対応して頂き無事約40分でゴール出来ました。
    ずっと妻がサポートしくれたのとスタッフさんが常に1階下位に居てくれ、私が何かあったらすぐ駆け付けられる様にと、見守ってくれてたそうです(感涙)
    この感動を誰かに伝えたくで、いつも元気を貰ってるmikomonaさんにお伝えしたく
    コメントさせて頂きました。

  • 2016/10/20 (Thu) 21:26
    mikomona #- - URL
    たかさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    素晴らしい!!本当に素晴らしいチャレンジですね!
    スタッフの方々の心遣いはもちろんですが、
    たかさんと奥様の絆の深さにとても感銘を受けました。
    お二人の姿に勇気をもらった方が大勢いたと思いますよ。
    完走(というのかな?)おめでとうございます!本当にお疲れ様でした。

    私たちは来月、豊洲(最近ニュースでよく聞く地名ですね)4kmのウォーキングに行ってくるつもりです。
    みんなで歩くって思ったよりずっと楽しいですね。
    これからもどんどん外へ出て、新しい場所や人との出会いを増やしていきたいです。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する