今年もりんごジャムを煮ました

10月も後半というのに汗ばむ日があったりして、やっぱりおかしな天気が続いてますね。

でもりんごや柿がお店に並ぶと、ああ、秋だなぁとしみじみ思います。

酸味がおいしい紅玉はりんごのうちでも早めに出回るもので、
時期を逃すと手に入らなくなるので、見かけたら即ゲット!です。

さっそくジャムを煮ました。
皮を一緒に煮てほんのりピンクのジャムに。

夏の終わりにに煮たいちじく、ぶどうのジャムと一緒に、朝食にいただきました。


りんごジャムは簡単につくれておいしいので大好きです。

紅玉りんごを薄いいちょう切りにして、無水鍋に並べて粗糖を適当にまぶし、中火→弱火にかけるだけ。
水は必要ありません。
皮はお茶パックに入れて一緒に放り込んでおくと、後で取り出しやすいです。
油断してグツグツ煮るとあっという間に煮崩れてしまいます。
ちょっと形を残しておきたい時は、鍋の前から離れないように。
最近のりんごは甘いので、うちでは砂糖はかなり控えめに作ります。
それで、食べきれないなと思ったら、ジップロックに入れて冷凍しちゃいます。
使う分だけ解凍して一度火を通し、改めて瓶詰めすればOKです。(もちろん冷蔵庫保管ですよ)

形を残した煮りんごも作って冷凍しておくと、ちょっと甘いものが食べたい時にぴったりですね。


おまけ
相変わらずの、主人が食べる『いもむしパン』と
DSCN353003.png

私の『なまこパン』
DSCN353002.png

最近、主人のパンは10%の全粒粉入り、私はごまやオートミールを入れたりしてますが
基本のレシピは変わってません。

時々サボったりしますが、やっぱり自分でつくったジャムとパンは
うちの食卓に欠かせないなぁと思います。
がんばって焼いてこう。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する