何事もないことがありがたい

熊本地震のショックがようやく少し落ち着いてきたかな…と思っていたのですが、
今度は鳥取で震度6の地震がおきましたね。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

日本は、地震の恐怖から逃れることのできない場所なのだと
次に何がおきてもおかしくないと、改めて思い知らされました。


家に戻ると主人となる猫がいて、急いでご飯を作って食べて、
静かにテレビを見ながら夜を過ごす…。
こんないつも通りの、何事もない一時が、本当の幸せなのですね。





さて、主人は犬好きで、猫に対しても犬同様にしつけようとするので、
勝手気ままに育ててきた我が家の猫たちとは相性が良くありません。

みんみん猫だけは餌付けに成功し、私が見てないところでおせんべいやクッキーを分かち合い、
無二の親友になったのですが、長い入院生活を終えて帰って来た主人は
猫たちにとって近づきがたい存在となってしまいました。


そして、今は一人っ子生活を満喫中のなる猫さんも、
自分から主人に近づくことはありません。


ある夜、たまにはスキンシップも良かろうと、膝に乗せてみました。


右腕一本で押さえ込む主人がすごいのか、なる猫の動きが鈍すぎるのか、
必死の抵抗も空しく、見事な捕縛術(いや縛ってないけど)で動きを封じられてしまいました。
(動物虐待ではございません)


DSCN353602.png

DSCN353603.png

DSCN353604.png

DSCN353605.png

DSCN353606.png

DSCN353607.png

DSCN353608.png

DSCN353609.png

DSCN353610.png

DSCN353611.png

なる猫「ちょっ、タオル! タオル投げて! 助けてくれ~~」
DSCN353612.png

主人の膝の上は温かくて、慣れれば居心地良いと思うんだけどなぁ…。

なる猫「タラレバ言うな!」

あっはい、はい、すいません…。

そういえばさ、タオル投げるのはボクシングだけど、
リオデジャネイロオリンピックのレスリングではぬいぐるみ投げてたんだよね、知ってた?

なる猫「知るか!」

へいへい…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する