新年早々 夫婦でハードワーク(お察しください)

アレな話題ですので、冗談じゃないと思われる方はスルーしてくださいませ。













三が日というと、普通の家庭では帰省や旅行、初詣に初売りなどへお出かけしたり、
おうちでごちそう食べたりして、のんびり楽しく過ごすものですが、
在宅介護をしている家庭では、ほとんどの通所・訪問系の介護サービスがお休みしてしまうため、
のんびり過ごすどころか、やることが増えたりします。

うちは毎年、大晦日と2日は年中無休のデイサービスに行ってお風呂に入ってもらいます。
これだけでも十分助かりますが、排泄ケア(お通じの方)は自宅でやらねばなりません。

12月28日にショートステイ先ですっきりして帰って来たので、本当は大晦日に仕事納めするつもりが
結局タイミングを逃してしまいました。
仕方ない、元旦早々仕事始めです(涙)
で、これがまたものすごい量で…。
ぎゃ~~~!!!


すごかった。
浣腸が入らないぐらいぎっちぎちに詰まっておりましたよ…。
これでお腹が痛くならないなんて、信じられん!!


しかし浣腸も入らないのをどうやって出そうか…。

一瞬ひるみましたが、ここでやらねば鬼嫁の名が廃る!!


格闘すること20分、直腸に詰まってた分はだいたい取れました。
まだ奥に残っているけどやり過ぎるのもいけないので、これは明後日の宿題です。
(つまり三が日はアレに始まりアレに終わるのね…)


「お正月どうでした?」
「ず~っと家にいましたよ」
「そう、ゆっくり休めて良かったね」
「いや…う、うん、まあね」
これはいくら話しても、経験がない人には理解できません。
話せば話すほど不快な思いをさせるだけ。
にっこり笑ってやり過ごすのが一番です。

だから介護者は、孤独になりがちなのかもしれませんね。
こうしてブログにはき出すだけでも、どれほど精神的に楽になることか。

あ、でも読んで下さる方には申し訳ありませんが…。
本当にありがとうございます。


それにしても、左半身の片麻痺は、内臓も左側が麻痺するので便意を感じにくく、便秘になりやすいといいますが、
いやはや…。


まぁナンですよ、新春早々運がついたってことですよ(マジ)
早く三が日が終わって通常営業になって欲しい~~~。
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/01/02 (Mon) 09:32
    たかさん #- - URL
    No title

    そうですね。自分、左麻痺なんで便秘がちですね。麻痺とは別に潰瘍性大腸炎(難病)なんで急に来る便意とも闘ってます。通常生活は少し便秘ぎみの方がなにかと活動はしやすいです。
    お下始め、お疲れ様です。処置の手際の良さはさすがですね。


  • 2017/01/02 (Mon) 22:43
    mikomona #- - URL
    たかさん、こんばんは。

    今年もよろしくお願いいたします。

    うちの主人は元々お腹を壊しやすい人で、今も時々お腹ゴロゴロが続く時期があります。
    確かにその時期はお出かけもできず、毎日祈る気持ちで過ごしますね汗)
    潰瘍性大腸炎、私の皮膚の症状を併発する事が多いらしく、
    医師から何度も下痢をしてないか聞かれましたよ。

    『義を見てせざるは勇無きなり』と孔子様は言われました。
    それと同じく
    『…を見てせざるは勇無きなり』ですよ!(笑)

  • 2017/01/02 (Mon) 23:21
    アワキビ #Bo81TlEs - URL
    No title

    お正月早々の初仕事が、ハードワークとなりましたか~。大変お疲れ様でした。まだ、明日、続きがあるんでしたね。

    私は自分のブログを始める時に、mikomonaさんをはじめとする介護の諸先輩方々のブログを拝見して、「あ~、排泄のことも、こんなに詳細に書いていいんだぁ」と勇気づけられました。
    在宅介護は排泄介護抜きには語れません。
    けれども、一般には口にすることが憚られる話題なので、このウツウツとしたものの持って行き場がないじゃないですか。
    facebookでは発信できない。
    匿名のブログだからこそ書けること、愚痴れることがいっぱいあります。
    そして、仲間がいっぱいいるのだなぁ~と思います。
    こういう場を大事にしたいと思います。


  • 2017/01/03 (Tue) 17:49
    mikomona #- - URL
    アワキビさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    アワキビさんの仰るとおり、避けては通れない排泄介護。
    主人には申し訳ないとは思いますが、単に愚痴をはき出すだけでなく、大事な情報交換としてブログで発信する価値があると思っています。
    (もちろん匿名だから書ける内容ですしね)

    例え自分で歩いてトイレへ行けても、その方なりの苦労がありますよね。
    そうした苦労は自分がその立場になってみなければ、なかなか分かりません。
    でも、それにも負けずに積極的に外出されているアワキビさんには、いつも頭が下がります。

    うちの地元は、ゴミ袋は有料なんですが、紙おむつは無料で回収してくれるんです。
    その代わり中身が見える透明なゴミ袋で出さなくちゃ行けません。
    赤ちゃん達のそれと比べて、うちのゴミ袋たった一つ、なんと大きなこと…。

    これを運ぶ時の気持ちも、お役人には分からないでしょうね(笑)

  • 2017/01/05 (Thu) 20:35
    だだ #- - URL
    No title

    新年早々の大仕事、お疲れ様でした!
    排泄の話はとても大事な情報ですよね。
    うちは妹が下痢腹なので年末年始は出っ放しでしたー。
    でも出っ放しより出ないほうがよっぽど怖いし、処置も大変ですよね。
    摘便は一度しか経験がないのですがキツいですね…。

    頑張りすぎずなるべくゆるゆるいきましょう~。

  • 2017/01/08 (Sun) 18:17
    mikomona #- - URL
    だださん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    お返事遅くなっちゃってすいません。

    主人は数ヶ月おきにお腹がゴロゴロする時期があり、
    その時は一日中ピリピリしてお腹の音に耳を澄ませてます。
    でも、出ないよりはずっと良いんですよね。

    摘便は何度やっても緊張します。
    される方も苦しいですし…でも仕方ないですものね。

    だださんの方がずっと大変な排泄介助をこなしておられると思います。
    うちはもう、1人介助でトイレへ連れて行く事は諦めてます。
    あ、でも最近はお父様が頑張っておられるようですね♪素晴らしい!!

    介護は嫌なこと、暗いこと、汚い、辛いことから逃れることはできませんが、
    隠したり、抱え込んでしまう事でもっと辛いものになってしまうと思います。

    ブログの匿名性に甘えるようですが、今年も主人の人権を傷つけない範囲で、正直に書いていくつもりです。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する