痰取り合戦 本日は終了

主人がインフルで寝込んだ翌朝、熱は、ほぼほぼ下がりました。
さすがタミフル、切れが良いです(と、早く良く効く薬のことを言うらしいですよ←聞きかじり)

後は痰をしっかり取って、栄養をつけて体力を戻すだけ…ですが。

元気になると、痰の吸引を嫌がるんですよね~~~。
もう毎回毎回、せめてあと半日ぐらいしっかり吸引すればかなりスッキリするんだけどな~というところで激しい抵抗が始まります。

まぁ、元気が出てきた証拠なんですけどね。
※具合が悪い時は素直に口を開けて取らせてくれるので…。

痰の色はクリーム色で、それほど濁っていませんが、ネバネバの吸引しにくいヤツです。
だからどうしても吸引に時間がかかり、余計に嫌がられてしまいます。
こういう時にネブライザーがあるといいんだろうな~。
※加湿した蒸気(熱くないです)を発生、それを吸入して痰を柔らかくする器具
 医療用の吸引器にはネブライザー機能がついてるやつが多いです
(うちにも加湿器はあるんですが、白い蒸気が出るタイプではない)

せいぜい洗濯物を干したり、濡れたタオルを近くにかけておいたりするぐらいかな…。


一番頻回だった時は15~20分おきだった吸引が、30分、40分と回数が減って
日曜の夕方には1時間おきになりました。

これでぼちぼち終わりかな、と思っていたら
夜の経管栄養の頃からまた少し熱が上がってきました。

痰はかなりネバネバしてます。
呼吸も苦しそう。サチュレーションは90前後を行ったり来たりです。

うーん。


朝の往診の時、U先生は、「肺炎対策で抗生物質も重ねて服用してみては?」と言っておられたのですが
その時は「もうちょっと様子見ます」と答えていたのですね…。

感染の兆候がない状態で、抗生物質を飲み始めるのは抵抗があります。

でも、これはもしかしたら肺炎になり始めているのかもしれない。
もしかしたら、ここから治ってくるのかもしれない。

風邪やインフルエンザで、一度下がった熱が夜に少しぶり返すのは良くあることです。
単にこもり熱かもしれない。

うーん。

しかし、22時過ぎに熱が37.7℃になってしまったので、U先生に報告の上、抗生物質を服用開始しました。
ここで肺炎にさせてしまっては元も子もありませんからね。


そして私は2時間ほど寝て、日付が変わった頃からまた痰取り合戦の再開です。
しんどいですが、ここが正念場。
主人も頑張って口を開けて咳をして痰を上げてくれました。

3時過ぎに熱が下がり、サチュレーションが93~95まで上がってきました。

心拍も90台から70台へ下がり、呼吸も楽そうです。

とりあえず、今日の山は越えたと思います。
良かった…。

さて、もう2時間ほど寝て、明日に備えますかね。


私の足の腫れを考えると、こういう生活が一番アカンのは分かってるんですが、
肺炎→入院は避けたいのです。

軽度の誤嚥性肺炎の治療は、どれだけ丁寧に痰を取り、水分を補給し、体温を調整するか、なので
在宅の方がきめ細かく対応できるのです。
※全身状態が悪化した重度の肺炎は、在宅ではとても無理ですよ


順調なら、明日はもっと(お互いに)楽になるはず。
そろそろ短時間でもベッドから車いすへ移って、何か一口食べられるようになると良いんですけどね。
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/01/23 (Mon) 11:59
    アワキビ #Bo81TlEs - URL
    お見舞い申し上げます

    心配ですね。
    大変な中なのに、mikomonaさんが詳細に記録してくださるので、いろいろ勉強になります。

    昨年、夫が肺炎で入院した時の経過も思い出しました。
    あの時は、いったん熱が上がって、薬を飲んで、下がって、そのままよくなるかな~と思っていたら、また熱が上がって、というのを何度か繰り返した末、結局入院していましました。

    どこかで、どうにか踏みとどまれなかったのかと思うのですが・・・

    mikomonaさんは、よく看病されていますね。
    私は、高熱になって、意識が朦朧としてしまった時には、もう、不安に押し潰されてしまって、耐えられず救急車を呼んでしまいました。見極めが難しいです。

    痰の吸引を自宅でやったことはないのですが、痰の吸引をやれば良かったのかなぁ。
    15分おきとか、かなり頻繁に吸引するのですね。
    痰を吸引するタイミング(間隔)は、どのように決めているのでしょうか? 
    本人の様子を見ての感覚的なものかしら?

    胃瘻は、在宅で、熱で意識が朦朧としていて起きられないような時に、水分・栄養補給、薬の服用に役立ちますね。
    うちは、熱で朦朧として寝ている状態で、吸い飲み器で水分を摂らせたり、ゼリーなどを食べさせたのですが、その時、誤嚥した可能性があると思います。なかなか難しいです。

    ご自身も具合が悪い時の看病です。
    それにインフルエンザも・・・うつりませんように・・・
    「無理をするな」と言っても難しでしょうが、どうぞお大事にしてください。
    一日も早く回復されますように。

  • 2017/01/24 (Tue) 18:19
    mikomona #- - URL
    アワキビさん、こんにちは。

    ご心配おかけしました。

    おかげさまで、本日(火曜)の午後、復活を果たしました(笑)
    まだ少し痰がガラガラしてますが、しっかり車いすに座ってテレビ見てます。
    早くご飯が食べたいそうです。

    本当は明日からデイサービスへ…と思っていたのですが
    解熱から3日過ぎないと受け入れできないと言われてしまい…あと1日家で頑張ります。

    痰の吸引は、どんどん出る間は、どんどん取ります。
    うちの最高記録は40分間ほとんど休みなく取った事がありますよ。
    翌日手が痛くて動かなかったです。(手動だったので)
    それでも夜にうっかり寝込んでしまい、肺炎までいっちゃいましたが…。

    咳で痰が上がってくれば(抵抗がなければ)吸引自体はそれほど難しくありません。
    口のすぐ奥にありますから、カテーテルを深く入れる必要がないからです。
    気管は手前にありますので、食道の方へ入れないように気をつければオエッとなりにくいです。

    一度看護師さんに習っておくと良いと思いますよ。

    尚、鼻から吸引する場合はカテーテルを上ではなく、横(後頭部の方)にまっすぐ入れるようにします。
    でも抵抗されると恐いので私は口から取ります。

    排痰のケアは、介護する方が先にばてるほどきついのですが、
    これをやらないと肺炎になるのが分かってるので、とにかく頑張ります。

    うちは吸引以外にも体位ドレナージ、アロマオイル、加湿などあの手この手で痰を出しやすくするようにしています。

    胃ろうを造るのははなかなか難しいと思いますが、
    あると本当に心強いです。
    世間のイメージは悪いですけどね。

    今ほんとにインフルエンザが流行ってます。アワキビさんもどうぞご自愛下さいね。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する