アズノール軟膏

U先生が、主人の褥瘡(皮むけ)のために『アズノール軟膏』を処方してくれました。


『アズノール軟膏』は、
赤ちゃんのオムツかぶれなどに処方されるそうですが、
介護の現場の常備薬の一つでもあります。

非ステロイド系で、成分のほとんどはワセリンとラノリン、
主成分のジメチルイソプロピルアズレンは0.033%しか入っていません。
そのおかげで(?)大変穏やかな消炎作用があります。
創傷の保護、保湿に使われます。

ちなみに、アズノールはうがい薬もあるんですね。知らなかった。
こちらもイソジンのような殺菌作用ではなく、穏やかな消炎作用があるそうです。

効果が穏やかで、副作用もほとんどないので、高齢者や赤ちゃんに良く使われるのですね。

パッケージだけじゃなくて、中身も青いんですよ。
DSC_093102.jpg

この青、植物由来の『アズレン』という成分らしいです。
DSC_093103.jpg
着色料ではありません。


さて、地元で一番大きなダイソーで、ポリエチレンの水切り袋を見つけました。
土曜の朝一、訪問PTリハビリの時間に自転車こいで探してきましたよ。
DSC_093104.jpg
90枚入って100円なんて、コスパ高いな~~。


中身はこんな感じで本当に薄っぺらのビニール袋に、小さな穴が開いてます。
DSC_093105.jpg
この薄さが良いのだそうです。



使い始めて2日たちますが、今のところかぶれはなく、感染もなく、今はひたすら上皮化を待っている状態です。
早く良くなれ~。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する