待望の怪我(笑)

傷の写真がありますので、苦手な方はスルーしてください。











朝、掃除機をかけていたら、ベッドの金具に指を引っかけました。

やった!!出血した!!!←ドン引きしないで下さい

これを試すチャンスですよ!
DSC_095501.jpg
※ただいまいろんなドレッシング材を買って自分に貼って試しているのです(わざと怪我はしないです)


『ハイドロコロイド』というのは、ちょっと厚みと、柔らかさがある、ゴムに似ている(個人の感想)素材です。
でも、もちろんゴムではありません。
片面に粘着性と吸水性があり、ここを創傷面に貼ります。
もう片面はくっつかず、吸水性もありません。
傷から出る浸出液を吸って、外からの水分が傷に触れるのを防ぎます。
なので、創傷面に直接貼ってOK、自然に剥がれるまで貼りっぱなしでOK、
防水性もあるので、お風呂に入っても大丈夫という優れものです。

医療用だと、以前主人も使ったことがある『デュオアクティブ』が代表的な商品ですね。
市販されているものなら『キズパワーパッド』でしょうか。

それ以外にも、今はいろんな『ハイドロコロイド』素材のドレッシング材が発売されています。
マキロンとガーゼ、またはすぐにはがれる絆創膏しかなかった時代に比べれば、すごい変化です。

ただし、ハイドロコロイドは粘着性がありますので、
剥がす時に傷の周囲の皮膚を痛めやすいです。
頻繁に張り替えると、かえって傷を広げる可能性があるので注意が必要です。

ハイドロコロイドに限らず、粘着性があるドレッシング材は注意です。


で、このひっかき傷は防水フィルム(エアウォールなど)を直接貼るだけでも十分治るような傷なんですが、

今回はお試しってことで…。
上からハイドロコロイドを小さく切って貼り、さらにエアウォールで大きめに覆いました。
DSC_095502.jpg
場所によっては摩擦で簡単にめくれてきますので。

吸水性があると書きましたが、すぐに吸ってくれる訳じゃないですし、血液は水に比べて吸水性が落ちるそうです。
なので、血液がハイドロコロイドからはみ出してきました。
DSC_095505.jpg
もっと出血が多い場合は、別のドレッシング材を使うか、
もしくはハイドロコロイドを貼った上からガーゼなどで覆って吸収させる必要がありそうです。

エアウォールは、指の付け根の部分をちょっと切り取ってから貼ります。
DSC_095504.jpg
角も丸く切り取った方がきれいに貼れますよ。

これで傷の処置はOKなんですが、外から赤いのが見えるので
上から肌色のサージカルテープを貼りました。


翌日、結局血液はハイドロコロイドに吸収されず、皮膚の上で乾いてました。
DSC_096306.jpg

エアウォールは親指のところからめくれてます。
DSC_096307.jpg
これは貼り直した方がいいですね。

剥がす前に手を石けんで洗い、さらに剥がしてから創傷部を含め周囲を丁寧に水洗いします。
また、のりが残っていたらそれも優しくこすり落としておきます。
消毒は不要です。

ドレッシング材を切るはさみは、専用のものを使うか、よく汚れを洗い落とし、可能ならアルコール消毒しておくと良いですよ。
また貼り替える時に使う作業スペースもきれいに拭いておきましょう。


エアウォールとハイドロコロイドはがっちりくっついてるので、一緒に貼り直しました。
エアウォールは少しずつ剥がす、ハイドロコロイドは片手で押さえて、片手で水平に引っ張りながら剥がすと、剥がしやすいです。


で、貼り替え完了。
DSC_096309.jpg
何か貼ってあるな、と分かりますが傷の部分はハイドロコロイドに覆われてはっきりと見えません。

お客様の前で手を見せるような仕事でしたら、さらに上から何かで覆う必要があると思いますが、
それ以外なら、(例えば電車でちらっと見えるぐらいなら)それほど不快の念を与えるものではないと思います。


今回買った『ハイドロコロイド絆創膏』は、デュオアクティブの代わりに十分に使えるものだと思います。
(デュオアクティブは医薬品ですし、何しろ高い)
キズパワーパッドは形が決まっているので、かえって面倒ですし、これも高いですからね~。

ちなみに『ハイドロコロイド絆創膏』は76mm×76mmが3枚入ってだいたい500円前後です。
『キズパワーパッド』のほぼ同サイズの商品は700~800円ぐらいでした。


あ、でも、良い商品ですが、主人のお尻の皮むけには難しいかな。
やはりワセリン+穴開きの水切り袋が、機能的にも経済的にも最も適したドレッシング材だと思います。


とにかく、怪我をしたらまず止血、洗浄、そして水気を取ってから最適なドレッシング材を貼る。
大きな傷、深い傷、低温火傷、動物に噛まれた傷、化膿した場合などは
すぐに医療機関を受診して、しっかり処置してもらう。
につきますね。(個人の感想)
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/03/05 (Sun) 14:12
    アワキビ #Bo81TlEs - URL
    こんにちは

    mikomona さん、こんにちは。

    褥瘡や傷の手当てについて、いろいろ方法があるのですね。
    湿潤療法というのですよね、きっと。

    以前、夫が手の指(爪)を怪我した時にも、
    参考にさせていただきました。

    ところで、先週の「ガッテン」はご覧になられましたか?
    ちょうどご主人がショートステイ中? 
    夜遅く帰られた日でしたでしょうか?

    コラーゲンを摂取すると、健康なところには特に変化はないけれども、もし皮膚に褥瘡や怪我や肌荒れなどがあった場合には、その治りが早いのだと・・・
    しかも、皮膚表面だけではなく、関や節血管の炎症・傷の修復にもよいようなことを言っていました。

    で、コラーゲンとゼラチン、基本的な中身は一緒(もちろん純度の違いとかはある)。
    でも値段はコラーゲンがお高い。なので、日常の食事にゼラチンをうまく採り入れて・・・というお話でした。

  • 2017/03/05 (Sun) 17:50
    mikomona #- - URL
    アワキビさん、こんにちは。

    いつもコメントありがとうございます。

    湿潤療法は、理屈は簡単(消毒しない、乾かさないなど)なのですが、傷の状態は様々、傷を覆う素材も様々ですから、素人がやると失敗することもあります。
    主人には往診の先生がいてくれて本当に安心です。
    ゴミ袋で皮むけが治るなんて、在宅介護ならではの処置だと思います。

    コラーゲンのサプリメントは美容効果はないと聞いた事がありますが、治りが早くなるのは初めて聞きました。
    ゼラチンなら、うちはゼリーを良く作るので手軽に摂取できますね。
    昔、夫婦で粉末のコラーゲンを飲んでましたが、独特の風味が苦手でした。それにすごい高かった!

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する