『お父さんのスタイ』完成しました

随分時間がたってしまいましたが(途中でミシンを買い換えたし)

結局こうなりました。

レギュラーサイズ
DSC_123601.png
生成りのキャンバス(張りがあって固めの生地)をラミネート加工した生地を使い、バイアステープでぐるっと縫いました。

首まわりは、表がリバティプリント(犬柄)、裏はダブルガーゼで肌触り良く。内に接着芯を挟んでいます。
DSC_124015.png

ちなみに、これは左右ともマジックテープで取り外しができるようになってます。
DSC_124318.png
着脱が簡単ですし、エプロン部分は洗濯機で洗わない方が良いそうなので、
首ひもだけ洗いたい時に便利です。

※試作の時は片側だけ縫い付けてました。


こちらショートサイズ
DSC_123602.png
一目惚れしたユニークな猫ちゃん柄(同じくラミネート加工)。座った時に膝の上に軽く乗るぐらいの長さです。

襟は、ちょうど色味が合うリバティがあったので、それを使いました。
DSC_124117.png

裏も一部同柄の生地を貼ってます。(使う時に裏が見えるので)
DSC_124116.png

白状しますが、最初からショートサイズだった訳ではなく、
柄の上下を間違えて裁断するという痛恨のミスをやらかしたためです。



9割できあがったので、さっそく試用してみました。
DSC_123603.png

うん、大丈夫そう。

ではいよいよ最終工程。食べこぼしを受ける部分を作るのに、採寸しますよ。
DSC_123604.png

こういうふうにスナップをつけたいんです。
DSC_123605.png

ショートサイズは一カ所だけスナップをつけて
DSC_123607.png

こういう感じにしたいです。
DSC_123608.png

『プラスナップ』という便利なものが手芸屋さんで買えます。
専用の工具が必要ですが、簡単にしっかりくっつきますよ。

最初間違ってつけたら、外すのにすごい苦労しました(笑)
DSC_123606.png


で、本当に完成。
DSC_123610.png

通常の食べこぼしならこれで受け切れそう。
DSC_123611.png
湯飲みをひっくり返したら難しいかなぁ~。
ま、あんまり考えすぎたら作れないので、これでよしとします。

さっきの、スナップを付けた部分です。
DSC_123612.png
軽い力で付け外し簡単。これいいですね!

で、使ってみた感想ですが、
やっぱりシャカシャカしない生地で作って良かったです。
首ひもを完全に取り外し可能にしたのも、すごく使いやすい。
左右どちらからでも、さっと外せますからね。

あと、生成りの生地は見た目すごく気に入ったんですけど、ケチャップの色がつきますね~。
濃い色の方が良かったです。

以前試作で作ってみた『ペトロマット』という撥水・撥油効果の高い生地も
ケチャップは何度洗っても、油シミが残りました。
ケチャップはおいしいけど手強いです。


ラミネート加工に、さらにバイアステープを家庭用ミシンで縫うのはどうだろうと思いましたが、
元々『つや消し』のラミネート生地は縫いやすく、
さらに紫縫子ちゃんのパワーと『上送り押さえ』という秘密兵器のおかげで
一発OKでした♪

この猫柄の生地はめちゃくちゃ気に入ったので、私のエプロンも作ってみたいです♪
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する