お尻の褥瘡 完治報告

昨日、一泊二日のショートステイ(今年から毎月一回行ってもらってます)から帰って来た主人、
何よりまずお尻を確認したくかった(笑)
行く前は、ほんの少しだけ赤みが残っていたのです。

夜、パッド交換した時にどきどきしながら見ました。

完治してる!

褥瘡が完治した!!!


いやっっほおおおい♪
↑できたての皮膚はきれいなピンク色


ショートステイ先でも、私のお願いをしっかり理解してくれました。
ここではオムツ類は持ち込みではなく、施設のを使うシステムになっていて、
事前に半分に切ったプラスモイストTOPを持参するので、尿取りパッドなどに貼って欲しいとお願いしておいたのです。

快く承諾して頂いたし、貼り方もばっちり。

完璧です。



これまで、何度も何度も股間のところで丸まったパッドと、新しく向けたお尻の皮を情けない思いで見てきたので、
本当に嬉しいです。

主人もすっかりショートステイに慣れて、元気な顔で帰ってきてくれました。

明日、U先生の往診があるのでプラスモイストTOPの話をしておかなくちゃ。


…ええ、主治医を完全にすっ飛ばして新しいドレッシング材を試してますよ。ひどい患者(の家族)です。
たまたま自分のやけど用に買ったのを貼ってみたら調子が良かったので…と正直に話すつもりです。
許してくれると良いなぁ…。


今日から私の仕事は連休ですが、主人は3、4日はいつもどおりデイサービスAさんへ、
5日~7日はずっと家におります。

5日は本来『極楽の湯』(通所療養介護Cさん)の予定なんですが、こちら祝日はお休みなんです。
仕方ないですが、いつもお願いしている排泄ケアを私がやらなくちゃいけません。
久しぶりに浣腸かけるので、緊張しています。

在宅介護家庭にありがちですが、『休日だから余計に休めない』連休になりそうです。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する