『お父さんのスタイ』ちょっと改良版作りました

九州地方はものすごい豪雨で、大変な被害が出てますね。
被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

あっという間に川があふれたり、土砂崩れになったりして
どれほど恐ろしい経験をされたことでしょうか。
1日も早く元の生活に戻れますように…。




さて、今年の4月に作った『お父さんのスタイ(食事用エプロン)』の続きです。
前回の記事はこちら

デイサービスには小さくたためるショートサイズを持っていくので、
2枚、新しく作りました。
DSC_165601.jpg
前回と同じ猫柄と、古地図風の柄の2種類。

地図の方は生地をケチって裁断、しかも裏に返して裁断したので柄の出方が変な風になっちゃいました(汗)
やっぱり裁断は難しい…。

裏はこんな感じです。
DSC_167503.jpg
裾はスナップボタンをつけて受けにするので、そこだけ生地をつけてます。
ちなみに、ミシンで縫わずに布用の接着テープで貼り付けてるだけ。水に濡れてもOKなものを使ってます。

前回は裁縫用のボンドを使ったんですが、生地裏にボンドがしみこんで
表からシミのように見えちゃいました。
※濃い色の生地の場合は大丈夫でした。
こういうことは、やってみないと気づかないですね。


また、首紐を少し短くしたので、受けをつくるスナップボタンは下の方に移動させました。
DSC_167505.jpg

エプロンの裾が膝の上に当たるギリギリですので、受けがちゃんと反り返って食べこぼしが溜まる…はず。
DSC_165604.jpg

要領が悪いので、作ってるとテーブルの上がこんなに散らかります…。
DSC_167502.jpg

ショートステイから帰って来た主人にさっそくつけてもらいました。
DSC_168401.jpg
うんうん、バッチリね!


布端はバイアステープでくるんで作ります。
このバイアス始末、一番最初の格安ミシンではまっすぐ縫えない、針がずれる(特にカーブ)、継ぎ目がめちゃめちゃ、と
見るも無惨な有様でしたが、
紫縫子ちゃんに買い換えて、『上送り押え』というアタッチメントをつけたらすいすい縫えちゃいました。
滑りやすいナイロンのバイアステープなのに、全く縫いずれも針落ちもなかったですよ(あ、1カ所だけ落ちてましたけどね)
すご~~い!!(紫縫子ちゃんがです)

伊達に『フリーザ様』の二つ名を戴いてる訳じゃないですね~。
DSC_119504.png

ボディが白、頭が紫なんで、別名『フリーザ』と呼ばれているらしいです。

こんな感じ
試しにクリックしてみて下さい

これでしばらくエプロンは大丈夫かな?
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/07/07 (Fri) 08:33
    ママ先生 #JalddpaA - URL
    No title

    こんにちは(*^_^*)

    私も母の食事エプロンを作ったことがありますが
    これ いいですね~
    次回作るときは 真似っこさせて下さいね。
    使ってみて分かる アイデア
    ありますよね。

    お忙しい中にも ご自分の楽しみを見つけておられ
    ステキなカーディガンが完成して
    手作りは作って居る時も
    着るたび嬉しくなりますね♪

  • 2017/07/09 (Sun) 11:53
    mikomona #- - URL
    ママ先生 さん、はじめまして。

    コメントありがとうございます。

    女性向けの食事エプロンだと、生地やデザインがいろいろ工夫できて楽しいですよね。
    男性向け、しかも(ちょっと)若い方がしっくり着られるような介護向け衣類は
    本当に数が少ないのです。

    私みたいな素人の作ったものでよろしければ、どんどんまねっこ、いや改良してくださいませ!

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する