手芸を始めて、空間認知機能が低いのが分かりました

今日は作りかけのパンツ3本のうち、せめて1本は仕上げようと頑張りました。

相変わらず生地の裏表が分からず(印つけてるのに)
あれ?あれ?
………。
はい、やりなおし~。

まさに『3歩進んで2歩戻る』状態です。

今さら気づいたんですが、どうも、私
身頃の右左がどう縫い合わさるのか、説明書と実際の布と自分の身体が頭の中でちゃんと結びついてないんですね。

空間認識能力(くうかんにんしきのうりょく)とは、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のこと 引用:Wikipedia(こちら

そうそう、この能力が低いんだわ~~~。


ま、別に仕事でやってる訳じゃありません。
失敗すれば気の済むまでやり直せば良い訳で…。
表に見えない失敗は『見なかったことにする』で何とか縫い上げました(笑)

Mパターン研究所さんの『ワイドテーパードパンツ』です。
DSC_1774001.jpg
生地はHINODEYAさんの綿ポリツイルです。(1m582円)
私の基準からするとちょっと高いんですが、巾が160cmもあるので実はお得なんですよね。嬉しいなぁ。
※綿ポリとは綿とポリエステルの混紡で、ツイルとは生地の織り目が斜めになっている織物。
 一般的に売られているパンツやスカートに多く使われています。
 こちらの生地は、柔らかくて着心地が良かったです。

いつもはストレートパンツしかはかないので、どうせ作るならちょっと変わったものをと思いました。

サイズはぴったりだと思うんですけど、タック部分がモデルさんのようなきれいなドレープにならず
下腹の丸みを強調するだけなのは残念でしたが…。

このパンツ、開きがちょっと変わっていて、ファスナーはつかず、ボタンとベルトで止めるようになっています。
面倒っちゃ面倒ですが、ウエスト部分にしっかり芯を貼ってあるので、ぴしっとお腹を支えて着崩れしないのがいいなと思いました。
主人のTシャツ用ニット地ではボタンホールにかなり手こずりましたが、
紫縫子ちゃん、すいすいつくってくれました。



2m買って半分残ってるので、別のパンツも縫ってみようっと。

楽しい夏休みも明日で終わり。
昨夜は12時間ぐらい寝ました。
夕食はノンアルビールと枝豆と、セブンイレブンのくるみパンをかじって終わり。

私、ひとり暮らしになったら毎日こんなんだろうな~~(汗)
主人がいればこそ、栄養をあれこれ考えてご飯をつくるんですね。
ありがたや、ありがたや。

さて、今日も暑いですが、ひたすら不要品を捨てまくる肉体労働にあてたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する