お父さんのズボン とりあえず1本目はこれにて完了

の続きでです。

ひどいものができちゃったけど、とりあえずこれでいいや。
という仕上がりです…。

元の型紙が大きすぎたな~~。
けっこう詰めたんですけど、まだ大きいです。

相変わらず練習でうまくいくのに本番は失敗するボタンホール…。
DSC_2117002.jpg
と、とりあえずボタンが留まればなんだって良いや…。

ちょっとお見苦しいですが、オムツ交換の時には寝たままで大きく開くので
とっても楽です。
というか楽すぎ!!もっと早く欲しかった!!!
 DSC_2117003.jpg

両脇開きのところはこんな感じです。
DSC_2090010.jpg 

持ち出しの裏側にちょっと可愛い猫柄の生地を使ってみました。
肌触りの良いシーチングのプリント柄です。
こういうところで遊べるのがハンドメイドの最大の魅力(自分比)ですね~~。
DSC_2079008.jpg
持ち出しは長めに作って、内側で折れたりもたつかないような形を考えてみました。
実際は…どうかな?

私もはいてみましたが、お尻の股ぐりが深いので楽っちゃ楽です。
DSC_2117004.jpg

裾の開きは、実は位置をつけ間違えるという大失態をやらかしましたが、
とりあえず着用に不自由はないので、縫い直さずに…(汗)
DSC_2121005.jpg

あと、縫い上げる途中で、腰の部分に補強布をあてました。
DSC_2121006.jpg

表から見ると、ヨークみたいに見えますね。
DSC_2121007.jpg

外出用のズボンではなくパジャマと考えると
このブカブカさでも十分ありなので、
これは休日用のズボンにしよ~~っと。

ウエスト部分にものすごく手間取りましたが、
必要な長さや、だいたいの手順が分かったので、次回はもっと簡単にできる…はず!
もうボタンホールに苦しみたくない!!!
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/09/17 (Sun) 09:15
    ママ先生 #JalddpaA - URL
    No title

    素晴らしいです。
    介護を経験した者だけが分かる
    色々不自由な部分
    あちこちに工夫がされていて
    とっても参考になりました。
    おむつ替え 便利そうでいいですね。
    持ち出しの可愛い布
    奥様の心の可愛らしさが伝わってきます。
    素晴らしい作品ありがとうございました。

  • 2017/09/18 (Mon) 21:26
    mikomona #- - URL
    ママ先生、コメントありがとうございます。

    おむつ替えがしやすい、既製品のズボンはいろいろ探したのですが、
    障害の内容によって欲しい機能がちょっとずつ違ってくるんですよね。
    男性用の介護向け衣類はそもそも種類が少ないですし…。

    私のような初心者にはとてもハードルが高かったですが、
    頑張って作ってみて良かったです。

    次はもっと丁寧に作って、デイサービスなど外へ着ていけるものになるよう頑張ります。

    心温まるコメント、ありがとうございました。

  • 2017/09/19 (Tue) 22:25
    とまま #- - URL
    すごい!最高の手作りズボン!!

    こんばんは、はじめまして
    とままと申します。

    介護生活の合間にこんなにすごい機能を備えたズボンを作られて感動しました(@_@;)
    おむつ交換が楽になる仕掛けを拝見して、なるほど・・・と感じいっておりました。


    幸せなお父さんの代わりに「ありがとうございます」と言いたいです。
    私も、そんなお洋服が作れるようになりたいですわ♪


    外出も十分OKな出来栄えだと思います。
    洗い替えにもうひとつ作ってください。
    そしてまた見せて下さい。
    楽しみにしています(*^_^*)

  • 2017/09/21 (Thu) 13:08
    ルッコラ #- - URL
    No title

    すばらしいです!
    赤ちゃんの服も歩く前はおむつ替えがしやすいように工夫が凝らしてありますが、それに比べると大人の介護服はまだまだ工夫されていないのですね。
    しかも大人は重いですからこういう一工夫でずいぶんおむつ替えの負担が軽減されると思います。
    特許を申請して市販化をされてみては?

  • 2017/09/23 (Sat) 10:22
    mikomona #- - URL
    とままさん、初めまして。

    温かいコメントありがとうございます。
    返信が遅くなり申し訳ありません。

    まだ洋裁を始めたばかりの初心者で、まさに『お目汚し』ですが
    既製品の介護衣類はどうしても機能優先だったり高価だったりで、手が出ないのですよね~。
    しかも男性用は本当に数が少ないのです。

    介護者が使いやすく、被介護者には着心地良く、手入れが楽で、こざっぱりした、そんな衣類が理想ですが
    実際はなかなか…。

    でも、ないものだからこそ、自分で考えて作るという作業自体がとても楽しく、
    1枚の布が形になっていく過程がまた、面白く、
    ミシンを初めて本当に良かったと思います。

    1枚目の反省を活かして2枚目の型紙をようやく起こしたので、
    週末で裁断してみるつもりです。
    いつ仕上がるか分かりませんが、ボチボチ頑張ります!

    とままさんの素敵な作品も拝見させてもらってます。
    こんなふうに自由にいろんなものを作れるって本当にすごいです!

  • 2017/09/23 (Sat) 12:33
    mikomona #- - URL
    ルッコラさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。

    ルッコラさん、ご主人、そしてご家族もお元気で何よりです。
    ラッキーくんも元気そうで安心しました。
    あ、すいません、遅まきながら、お孫さんの誕生おめでとうございます!

    大人の介護用衣類は、自立歩行できる高齢者向けの着脱が楽なパンツ、前開きの肌着などか、
    もしくは寝たきり、認知症の方向けのつなぎのパジャマなど、介護者にとって使いやすい衣類が多いです。

    立位がとれない車いす利用者が、ちょっと外出する時に着られるような
    気の利いた衣類(機能もデザインも価格も)は本当に数が少ないですね。
    そして一番残念なのは、赤ちゃんと違って全然可愛くない!着せてて楽しくない!機能優先な商品が多いんです。
    ジミー(色)でジャジー(ジャージ)な(笑)服ばかりでは、ちょっと寂しいですものね。

    なければ作るしかない、と思ったのは良いのですが、
    いかんせん知識も技術もないので、実現までに何年もかかってしまいました。

    あっ、このズボン、私のオリジナルではなく、いろんな介護服をネットで検索しそれを参考にさせてもらってますので
    特許なんてとんでもない、逆に皆さんにマネしてもらえたらすごく嬉しいですよ~。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する