老眼に優しい『セルフ針』で糸通しが楽になりました

今も裸眼で生活してますが、老眼がかなり進んで細かいものが見えにくくなりました。
若い頃はすいすいだった糸通しも、糸通し器か老眼鏡がないと全く無理です。

子どもの頃、母親に頼まれて糸を通してあげてたんですが、
「なんでこんな事ができないのか?」
と半分バカにしてました。
そんな自分も立派に老眼鏡に頼る年頃になって、母の気持ちが分かりました。
ごめんね、お母さん…。

そんな時に『セルフ針』というのがあるのを知り、ダメ元で買ってみました。
多彩な手芸道具でおなじみ『クロバー』さんの製品です。
(クローバーじゃなかったんですね)

このセルフ針は、↓このように針の先端にスリットが入っているので、
糸をかけて引っ張ると針穴に落ちる仕組みになってます。
DSC_231602.jpg
12本も要らないんですが、ケースがあると便利なので…。
実際つかうのは、しつけかける時とボタン付け、手まつりする時ぐらいなので
1~2本あれば足りるんですよね。

最初は戸惑いますが、慣れるとすっと入ります。
※糸が傷む場合があるので、糸端を通すようにした方が良いです。

個人的には糸通し器より便利で気に入ってます。
しつけをかけるの大嫌いだったんですが、これで少し敷居が下がった気がします…。
クロバーさん、ありがとう!
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/11/05 (Sun) 09:22
    タンム― #- - URL
    No title

    こんにちは。
    自分も老眼酷いですよ。
    mikomonaさん北海道出身なんだね。
    それで今は渋谷勤務なんだ。
    かっこいいけどそれはそれで大変だよね。
    ここ数年、ニュースで渋谷交差点の
    ハロインの様子が必ず出るもんね。
    ハロインなんて自分たちの時はなかったな。
    そうかこれからクリスマスか。
    一年は本当にあっという間ですね。
    寒くなるので体気を付けて。

  • 2017/11/07 (Tue) 02:44
    mikomona #- - URL
    タンムーさん、こんばんは。

    残念ながら、渋谷で働いてるといっても、流行からはほど遠い職種で、
    おしゃれなお店にも縁がないんですよ。
    ハロウィンは、地元の子どもたちが仮装して楽しんでるのを見るのは楽しいですが、
    渋谷のは、ただコスプレした人や酔っ払いがぎゅうぎゅう詰めになって歩いてるだけで、
    一体何が楽しいのか、おばさんには意味が良く分かりませんでした(涙)
    でもすごいな~と思うのは、企業がスポンサーになってるとかではなく、自然発生的に集まってるんですよね。

    タンムーさんのお子さんたちはハロウィンを楽しまれましたか?
    でもきっとクリスマスの方が楽しみでしょうね。

    来年は免許更新(ペーパーです)なんですが、確実に眼鏡が必要って言われると思うので
    老眼鏡買っておこうと思ってます。運転する予定はないですが。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する