FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々 今日の夕食

いつも行くお肉屋さんでは、鶏のもも肉や豚ロースの薄切りを買ってます。
特に豚肉は柔らかくて本当においしいんです。
主人がお肉を食べられるようになったのも、ここの豚ロースで特訓できたから。(と勝手に考えてます)
で、今日は冷蔵ケースの隅に大きな肉の塊を発見しました。
おいしそ~だな~。

手早くお肉を切っているご主人に聞いてみます。
「あれ、牛のすね肉ですか?」
「ああ、あれね。和牛のすねですよ」
「シチューにしたいんですけど、切ってもらえますか?」
「弱火で1時間ぐらい煮てね。おいしいと思いますよ」

よ~し、ビーフシチューにしよう!
(だださんのブログに影響されたかな…)

うちのビーフシチューは、スープの素も、ブーケガルニも赤ワインもデミグラスソースも使いません。(使い切れないので…)
家にある調味料で、何となくビーフシチューっぽい味にします。

<うちのビーフシチューもどき>材料
すね肉 300g
たまねぎ 1~2個
にんじん 1本
じゃがいも 3~4個
かぶ(大根でもOK)2個
トマトピューレ(たっぷり入れると酸味が増しておいしい)
※セロリを入れると香りが良くなります
※最後にグリンピースとかブロッコリーとか緑の野菜を入れると彩りが良くなります

昆布だし
※麦茶ポットに水と昆布を入れて冷蔵庫で一晩おくだけ。
 味噌汁や煮物など料理に使うだけでなく、うがい水にも良いんだとか。
 ほのかに甘いです。

酒 
※今回はニッカのアップルワイン。日本酒や飲み残しの赤ワインなどお好きなものをどうぞ。
 いわゆる調理酒よりも、飲んでおいしいお酒の方が良いです
醤油
赤味噌
みりん
中濃ソース※入れすぎ注意
オイスターソース※入れすぎ注意
バター

作り方
1.たまねぎ半分をすりおろして、お肉にまぶしておきます。(柔らかくするため)
 15分くらいで大丈夫です。
2.その間にお鍋に切ったたまねぎとにんじんを炒め、
 じゃがいも(煮崩れるのでちょい大きめが良い)を入れ少し炒めます。
 軽く焼き色がついでも大丈夫です。
 そうしたら昆布だしを、野菜がかぶるくらい注いで沸騰するまで中火にかけます。
3.フライパンでお肉(おろしたまねぎは軽く取り除く)に塩をふり、少し焦げ目がつくまで焼きます。
4.野菜の鍋が沸騰したら焼いたお肉を加え、酒を加えて煮始めます。
 アクが出るので取り除きます。
5.グツグツと沸騰してきたらトマトピューレを加えて、中弱火でことこと煮ます。40分ほど煮ます。
6.野菜もお肉も柔らかくなったら、味付けします。
 昆布だしで勝手にまろやかになりますし、
 野菜と肉から旨みが出ますので、
 あとは塩気と、赤味噌とかオイスターソースとかコクと濃い色が出るものを少々加え、
 みりんなどで甘みを加えるだけでOK。
 最後にバターを溶かすと何となくビーフシチューっぽくなります。
 ※とろみが足りなければ片栗粉でつけます。
 


いっただきま~~す♪
DSC_234002.jpg 
ビーフシチュー、オムレツにかぶの葉を炒めたもの、トマト、チーズ、ご飯。

うま~~!!肉柔らかい~~♪
DSC_234003.jpg 
あ、野菜が多過ぎ&盛り付け雑すぎですね(汗)すいません…。
いちおう、肉は下に隠れてるんですよ~~。

主人はお肉をかみ切るのが難しいと思い、小さく切りました。
野菜と一緒にしっかり食べてくれましたよ。
おいしかったね。
※食べにくかったのはかぶの葉でした。ごめん、固かったね…。

これから煮込み料理がおいしい季節、またすね肉見かけたら買ってこようっと。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。