FC2ブログ

貧血になってみて分かったこと

貧血になってみて、辛いな~と感じたこと(私の場合)
ちなみに私は
溶血性貧血…赤血球が壊れるタイプの貧血です。
ヘモグロビンの値は一番ひどい時で10ぎりぎりでした。(正常値の下限は12.1です)

今は一ヶ月ごとの受診で、血液検査は二ヶ月に一度なので
どれくらいか分かりませんが、軽い貧血は続いていると思います。

「レクチゾール飲んでる人はね、症状なくてもみんな溶血してるからね!」

大学病院の教授のお言葉


1 皮膚トラブル。
  元々乾燥肌なんですが、さらに肌ガサガサ、ブツブツもできやすくなりました。

2 むくむ。
  理屈は分かりませんが、特に足のむくみがひどくなりました。

3 集中力が低下する。
  細かい作業がうまくできなくなります。
  例えば紅茶に砂糖を入れると必ずこぼすとか、些細なケアレスミスが頻発して嫌になります。

4 だるい
  気力でどうにかなるレベルではなく、ほんと、マジでだるい…。寝るのも疲れる…。

5 息切れ
  駅から会社まで10分歩くだけでぜいぜいします。



はい、まだ好中球性皮膚症の治療のため、レクチゾール服用中です。
先月電車に乗ろうとホームを走ったら、踵に新しいしこりができました。嘘でしょ…。

慢性的に貧血状態が続くと、身体が慣れてしまうそうで、普段は自覚症状がないんですが
調子に乗って走ったり、作業に集中したり、睡眠不足になると
上記の症状が出てきて、ああ、私は今溶血人間だったんだなぁ~と思い知らされます。

好中球性皮膚症になってから、もうすぐ一年です。
症状はかなり改善されましたが完治はしていないので
日常生活(走る、長距離を歩く、長時間立つなど)は制限されたままです。

主人とのお出かけも、今年はほとんどできませんでした。

レクチゾールの量を増やせばもっと早く治るのかもしれませんが、
貧血症状との兼ね合いがあるので、なかなか思い切れません。

まず病気を治さないといけないのは分かってますが、
かといって、仕事も家事もできない状態では生活できない…。

レクチゾール以外ではプレドニン(ステロイド)を処方するお医者さんもいるようですが、
これも副作用が結構きついらしいです。

難しいですね~。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する