テーパードパンツ 2本目

先月作ったテーパードパンツ(Mパターン研究所さんの型紙)


を、もう1本作りました。

クリーニング屋さんでくれるハンガーに洗濯ばさみで留めてるのは気にしないでください(笑)

ちょっと直したいな~と思うところがあり、
型紙を買い直しました。(ため息)
このパンツは、ウエストが3cm大きいタイプがあって、
ウエストサイズに自信がなかったので最初はそっちを買ったのですが、
はいてみると、やっぱりゆとりがありすぎだ…という事になり、
普通の(と言っていいのか?)タイプを買い直した訳です。

さらに、私は太ももがムチムチで、かつX脚ぎみなので
膝がきついのを改善すべく
膝線(型紙に書かれている膝のライン)を5cm下げました。
当然中心線がゆがみ、膝から下のラインがずれるので、できるだけ自然な感じに書き直しました。

そして、裾をもう2cm出しました。計7cm伸ばしたことになります。
ここまで伸ばすとデザインが崩れるだろうな~とは分かっているんですが
寒い季節に足首がスースーするパンツははきたくないので…。
パタンナーの方には申し訳ないですが。
(足が長いという自慢では全然ありません)

一度はいてみて、膝の外側が逆に余ってる感じがしたので、
脇線を2mmほど内側に縫い直しました。
(2mmでも全然違うんですよね。布って面白いです)

今回は伸びない生地で作りました。
でもお腹もお尻もほぼぴったり。
私の下っ腹の出具合、どうして分かったんですか?という感じです(笑)
膝は、もう少しゆるくても…いやそれじゃテーパードパンツとは言わないだろう!ということで
これでOKにしました。

後ろはこんな感じ。
履き心地をみるため、正座したりあぐらかいたりしてシワシワです。
DSC_235903.jpg

お尻は、元は飾りでポケット口を縫い付けるんですが、やっぱりポケットが欲しいので
パッチポケットをつけました。
DSC_235904.jpg

前の脇ポケット
DSC_235905.jpg

裏はリバティプリントの『イルマ』を使いました。
DSC_235906.jpg
見えないところに派手な生地を使って一人でニヤニヤしてます。

前あきは生地が薄いのでフラットニットファスナーを使い、前カンという金属製のホックで留める仕様です。
DSC_235907.jpg
ボタンホール開けてみたいけど、私の技術では失敗する確率の方が全然高いので無理…。


そうそう、今回もいっぱい失敗しましたが、一番笑ったのはここ。
DSC_235908.jpg
持ち出しとファスナーを縫い合わせる時、縫い代が指定より狭いのに気づかなかったんです。
ベルト布をつける時になって
「あれ?なんでベルトが短いの?ええっ??」
と30分近く悩みました。

原因が分かっても
「ええっ、どうやって直せばいいの?全部ほどき直し?」
悩みはつきません。

結局、縫い直したくないので、どうせ見えないし…と割り切って適当にごまかしましたとさ。(こらっ)

直した型紙は不織布で取り直したので、次回はこれで作れます。
少し厚みのあるストレッチ生地で作るつもりです。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する