新しいPTさん

主人はPT(理学療法士)とST(言語聴覚士)による訪問リハビリを受けています。

今年から、PTの担当が変わりました。

これまでの経験からいって、初対面の人にすごく人見知りする主人。
昨年再開した訪問歯科の時も、最初は口を開けてくれませんでした。
(歯科は口を開けてくれないと何もできない)

そしてやっぱり、新しいPTさんにも…。

PTさん「◎×さん、おはようございます」
主人「……」一応笑顔を返す
PTさん「今年から新しく担当になりました。よろしくお願いします」
主人「……」む?
PTさん「では、血圧を測らせてもらいますね」
主人「……」なんかいつもと違う…。
PTさん「それでは、まずどのくらい立てるかみたいので、立ってみましょうか」
主人「……」は?いきなり何それ?

ああ…。

主人にとって、いや私だって、そうですが、
知らない人からいきなり「どれぐらい力があるか」試されるのは、ストレスを感じる状況です。

これは、今回は、駄目だろうな…と思いましたが、
黙って見ていました。

これは、あくまで主人とPTさんとのことです。
他人が口を挟むのは良くないと、私は考えます。
主人とPTさんが互いを信頼しあい、目的向かってリハビリに取り組む事が大事で、
最初はギスギスしても、それを二人で乗り越える事が大事。
第三者がしゃしゃり出てはかえって悪影響です。

不機嫌になった主人がついにPTさんに手を上げようとし始めたので、
「ボールを使った運動が得意なんですよ」
と、紙風船を出して、雰囲気作りのお手伝いはしましたよ。

紙風船をしばらく打ち合って、何とか時間終了。
PTさん「◎×さん、これからよろしくお願いいたしますね」
主人「……」不敵に笑う(笑)

PTさんは主人の能力を試そうとしましたが、同時に主人もPTさんを試したようです。
『気をつけるが良い、深淵を見つめる時、深淵もまた汝を見返しているのだ』
なんてね。
でも、握手でさよならできました。
きっと大丈夫。

こうやって、ボチボチと新しい人間関係を築くことも、それ自体立派なリハビリだと思います。
お父さん、今年も頑張ろうね!
スポンサーサイト

Comment

  • 2018/01/10 (Wed) 22:32
    アワキビ #Bo81TlEs - URL
    No title

    mikomonaさん、初対面のPTさんが、いきなりご主人がどれくらい立てるか試そうとした時、「は? いきなり何それ?」とご主人と同じ目線で感じることができたこと、さすがですね。
    私だったら、きっとそのPTさんと同じようにやっていたんじゃないかと思います。決められた時間の中で、きっちりとやるべきこと(理学療法)をやらねば!という、こちら側の都合で進めてしまうのではないかと。そして、あえなく撃沈するでしょうね。

    PTさんのやり方がまずいなあと思っても、すぐに口を挟むことなく、二人が互いに人間関係を築く努力を見守る・・・こういうことも私にはなかなかできないことです。う~ん、うちの場合、夫が耳が聞こえないので、どうしても通訳と称して私がしゃしゃり出過ぎてしまうかもしれない。そうでなくても、認知症の症状が目立たないようにフォローしすぎてしまうかなあ? 
    ま、相手がどういう人か、どういう立場の人かにもよりけりですが。

    mikomonaさんのおっしゃていることが「ユマニチュード」の哲学を体現していると感じました。

  • 2018/01/11 (Thu) 17:14
    タンム― #- - URL
    No title

    こんにちは。
    そう、試してるのはこちら側だけじゃなく相手方も。
    試されてるのも同様ですね。
    自分も常に人に見られてると意識するようにしてるけど
    自分目線でものを見てしまいがち。それも人間か。
    なんだか色々気付かされる良い記事でした。
    さすがアラフィフmikomonaさん。
    怒るかな・・

  • 2018/01/21 (Sun) 11:14
    mikomona #- - URL
    アワキビさん、こんにちは。

    コメントのお返事が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。

    PTリハビリは、3回目で、ようやくリハビリらしき感じになってきました。
    新しい担当のPTさんはかなりのベテランで、主人の身体の状態を把握も早かったです。
    ただ立位や歩行の訓練は、呼吸が合わないとうまくいかないので、もう少し時間がかかるかな?

    主人は言葉や感情がうまく表現できなくても、頭の中では何かしら感じたり考えたりしているので
    それを無視するとヘソを曲げるのですよね~~。
    まぁ当たり前ですが。
    かといって、主人の意思を尊重しようとすると、これまたもどかしい事も多く…。
    難しいです。

    そういえば、以前、病院である医師に(主治医ではない)
    「奥さんが全部喋ってはいけない。まずご主人に話をさせるようにしてあげなさい。
     そうしないと、ご主人は話そうとしなくなるよ」
    と言われたのを、今でも心にピン止めしてます。
    ついつい先走ってしまう私に、適度にブレーキをかけてくれたありがたい助言です。

    介護生活も8年過ぎました。
    私もいろいろ経験を積んでこれたって事ですかね…。

  • 2018/01/21 (Sun) 11:46
    mikomona #- - URL
    タンムーさん、こんにちは。

    いつもコメントありがとうございます。
    何だか新年早々あれやこれやでブログも書けず、仕事は溜まる一方な毎日です(涙)
    お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

    タンムーさんの仰るとおり、リハビリに限らず、対人関係は自分も相手に見られてるんですよね。
    忙しいとついつい忘れがちですが大事な事だなぁ…と思います。

    いえいえ、思いっきりアラフィフですから、全然怒りませんよ(笑)
    また今年もひとつ年をとりますしね!

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する