FC2ブログ

お金は あるところにはあるんだなぁ~~ 私はため息しかでないですわ。




1月26日に580億円相当(当時の相場)のNEMが引き出されて大騒ぎしたと思ったら
1月27日の夜にはコインチェックが自己資金で460億円を被害にあった全顧客に返却するというニュースで
またもや大騒ぎです。

とても賠償はできないだろう、コインチェックは倒産する、またはどこかに買収されるだろうと言われていたのですが、
まさか自己資金で賠償するという発表にまずびっくりです。
どれだけ現金を貯め込んでいるのか…。
(自己資金ではなく、出資してくれた人がいたのではという意見もあります)

コインチェックの運営会社は2012年設立、2014年にサービス開始した資本金9200万円のベンチャー企業。
それが、580億円の仮想通貨を引き出されたのに、さらに自己資金から460億円出してもまだ経営を続けていけるというのですから。(取引高年3兆円だとか…)

そして、コインチェックにNEMを預けていた人が26万人もいたのにびっくりです。
NEMは日本で人気がある仮想通貨ですが、例えばビットコインに比べればまだまだマイナーな存在なんです。
今、日本全国で、仮想通貨に投資している人はどのくらいいて、どれほどの大金が仮想通貨市場に流れ込んでいるのでしょう。
それを世界規模で考えたら…。


不景気だ、お金がない、未来がないと日本全国に吹き荒れている空気とは、あまりに温度差がありすぎませんかねぇ…。


私は真面目に毎日コツコツ働いて、身の丈にあったお金で生活するのが一番幸せだと思っていますが、
そんな価値観は、錆ついた過去のものに成り果てるのではないでしょうか。

もちろん、仮想通貨はまだこれからのものです。
リスクも大変高い。
一歩間違うと有り金全部なくすどころか、多額の負債とか、税金滞納で差し押さえとか
とんでもないトラブルを抱え込む可能性もあります。


でもねぇ…。
こんなニュース見たら…。

うーむ。

あ、でも、コインチェックが返すと言ってるのは、奪われたNEMそのものではありません。
引き出されたNEMはまだ犯人の元から動いてません。
引き続きNEMコミュニティの有志とNEM財団が監視しています。

さらに、返金される日本円の算出は一律88円で計算されるそうです。
換算レートは、NEMの価値が事件後暴落した時の時価で計算されているので、
購入したタイミングによっては損になってしまいます。
長期保有でNEMを買っていた人にとっては、意図せず日本円に換金されて、
またNEMを買おうと思っても、すでに値上がりしていますので、すぐには買えない。

また返金する時期についても、何のアナウンスもありません。
NEM以外の、コインチェックが預かっている資産も、今のところ凍結されたまま。
さらに、金融庁がコインチェックの行政処分を行う予定です。

事件は何も解決していないのです。
「仮想通貨はやっぱり駄目だったじゃん!」みたいな空気は和らぎましたが、
今後も仮想通貨の相場は大きく乱高下、または低迷を続ける局面もありえます。

これからどうなるか。
目が離せません。


あ、前にも書きましたが…。
現在、仮想通貨にお金儲けを期待する人が圧倒的に多いと思いますが、
それとは別に、仮想通貨の仕組みを社会に役立てていこうとする人たちもいます。
私も、できればそうなって欲しい、そのためにできる事があれば役立ちたいと思います。

なので、どの仮想通貨であれ、価格が高止まりしたり、乱高下するのは望ましくない。
適度なところで落ち着いてくれるのが一番良いな…と思ってます。

仮想通貨の話は、私も全然詳しくないので頻繁に書くつもりはないんですが、
事件が多すぎてついつい書いてしまう(汗)恐るべし…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する