FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅介護あるある ショートステイ編

主人のショートステイ最終日。
私は高幡不動で主人と私のお札と厄除うちわを頂いた後、美容院に行ってからケーキを買って(明日主人の誕生日なので)帰るつもりで、支度していました。

9:00頃施設から電話があり
「朝バイタルを測ったところ、熱が37.6℃あります。痰がらみもちょっと強いです」
とのこと。

あ~~~~。
これが『在宅介護あるある』です。

「U先生のクリニックに連絡とります。これjから準備をするのでお昼前に着くように送迎してくれますか?」
「分かりました。食事が摂れてないのですが、どうしましょう」
「OS1(日数分を持参してます)だけ滴下してください」
「分かりました」

さっそくクリニックに電話。
インフルの検査キットを持って午後に来てくださるとのこと。
「痰がらみが強いので、吸引器もお借りできますか?」

それからケアマネさんに連絡。
月曜のデイはお休みの可能性あり、休む場合は訪看さんの手配をお願いしました。

それから、コンビニで自分の兵糧を調達、八百屋さんでイチゴとミカンを買いました。
部屋を掃除してシャワーを浴びて、ベッドメーキングを終えて受け入れ準備は何とか完了。
あ、もう時間だ。

主人は車いす上で姿勢は保っていますが、じっと目を閉じて帰って来ました。

昨日までは、ちょっと痰がらみがあるものの、元気に節分イベントを楽しんだようです。
ショートステイ先では、インフルエンザの利用者さん、職員さんはいないとのこと。

とりあえず家へ戻り、すぐベッドへ寝かせます。
今日入浴予定だったのに、残念だわ。尿臭がきつい。
ちょっと寒いけど、陰部洗浄をしてからパジャマに着替えてバイタル計測。
37.2℃ SPO2:92 脈拍:90
うーん、インフルエンザというより誤嚥性肺炎かなぁ…。
でも今シーズンのインフルエンザは、あまり熱が出ない人も多いとか。

主人はうっすら目を開けていますが、ぐったりしていて起きられそうにありません。
もしかして食べられるかな?と買ってきたイチゴも、これじゃ全部私が食べる事になりそうね…(ほほほ)

むせ込みがあり、痰が上がってきたので自宅にある手動の吸引器で取ってみると
黄色く汚れた痰で、ネバネバしてる感じでした。

それからまもなく、U先生のクリニックから、訪看さんが寄って下さって、
吸引器を持ってきてくれました。ありがたい!!
そして、インフルの検査のために鼻の粘膜をグリグリしたら
大声を上げて嫌がったので、
あ、これは意外に元気かも?と思いました。

時間は13時近くになり、主人の朝食がまだなので、ラコールを半固形化して注入。
3年ぶりぐらいにやりましたが、案外身体で覚えているものですね。
戸惑うことなく注入できました。

その後、U先生が往診にきてくれました。
インフルの検査結果は陰性。でも検査が早すぎると出ない可能性もあるので、
まず抗菌剤と咳止めを服用し、熱が下がらないようならタミフル追加という事になりました。

さて、私は勝手に発熱している人の看病は『朝まで寝たら負け』と思っているので、
(深夜から明け方にかけて状態が変化する事が経験上多い)
仮眠をちょこちょこ挟んで体力を保持しつつ、バイタル測定、痰の吸引、体位交換、尿取りパッドの交換、水分補給(OS1を120mlずつ)、1日3回のラコール注入。

夜はご飯を多めに炊いて、ついでに出汁も取っておきました。
これで明日熱が下がって元気になったら、おじやが作れますので。


で、日付けを越える頃のバイタルは37.2℃、SPO2:90、脈拍90、呼吸数は1分間に22回。
身体のほてりは治まったんですが、やっぱり呼吸器がイマイチな感じ。
とはいえ痰はそれほど多くない。粘りがあって上がりにくいのかな?
(私の痰の吸引範囲は喉頭までなんで、咳である程度上げてくれないと取れないのです。
 気管内吸引はできません)
聴診した感じでは、肺の音はそれほど悪くないんですけど…。でも素人の聴診なんでアテにならないか。


さて、これからオムツを交換してからちょっと寝て、深夜に備えます。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。