良い刺激をもらってるね

主人が2週間ぶり(ショートステイと風邪で休んだので)にデイサービスAさんへ行って、
誕生日のお祝いをしてもらいました。

ショートステイ先でも、それから通所療養介護Cさんでも、同じようにお祝いして写真を撮ってもらってきました。

ショートステイ先では、大きなケーキ(もちろん食べられない材質のケーキ)の前で、ちょっと緊張した表情で笑ってます。
Cさんでは、ベッドの上でくつろいだ表情を見せてました。
そしてAさんでは、造花だけど花束を抱えて、思いきり元気な「はい、チーズ!」の顔(分かります?)でした。

プリントした写真を取り込んでみたんですが、あまりきれいにならなかったので、貼るのやめときます。


3カ所のデイサービスは、場所も規模も雰囲気も違います。
Aさん
定員35名で、元気な方も多い割と大手のデイサービス。
昼食はケータリング、おやつは市販のお菓子。
初詣やお花見などの外出あり、お祭りイベントは大いに盛り上がる(らしい)

Cさん
定員8名の重度障害や持病のある方も受け入れ可能な小規模デイ。
昼食、おやつとも手作り。
同じ建物にスタッフ向けの託児所があり、ちびっこ達とふれあう事も多いんだとか。
最近リハビリに力を入れるようになり、主人も相当しごかれてる(らしい)

ショートステイ(デイサービスFさんと同じ事業所)
定員20名のショートステイ専門施設(デイサービスは定員28名)
食事、おやつとも手作り。しかもかなりレベルが高い。
いつ顔を出しても、和やかな雰囲気が感じられる。


違うデイサービスに毎週通うのは、負担が大きいかなと最初は思っていたんですが、
今ではすっかり慣れたようです。
まぁ、違うといっても、サービスにそれほど違いは無いんですけどね。
でもそれぞれの施設で、微妙に違う主人の表情が見られるのは、私にとっても楽しさ3倍。

風邪を引いて、家では車いすに座るのさえ疲れてグダグダになっていた主人ですが、
(もくろみ通り)デイサービスを再開した途端、姿勢も表情もシャッキリして飲み込みも良くなり、ほぼ通常の状態まで戻ってきました。
良かったね~~。
ホントに良かった。

身体の発疹も徐々に治まってきました。
1日2回、ゲンタシンを塗ってます。
痛みも痒みも感じないそうです。
原因は不明のままなので、これが薬疹だとすると厄介ですけど…。
うーん。
数種類の薬を飲む時は飲み合わせもありますし、こういう症状が出ると困りますね。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する